<第7回> 
ブラジル・オーパ!パンタナール
行き当たりばったり2泊3日ツアーに参加 
文/岩井加代子

 ブラジルの国内線に乗り、クイアバの空港に降り立った。ここからパンタナールの湿原へ向かうためだ。パンタナールは、ブラジル、ボリビア、パラグアイの3つの国にまたがる世界最大の湿原。アマゾンを超える動植物の宝庫としても有名で、冒険心を刺激するダイナミックな旅を求め、世界中からツーリストがやって来る。ブラジルの野性味あふれる地域の中で、アマゾンと並び私が訪れたかったところだ。

●1日目●



▲ベニヘラサギの群
ベニヘラサギ:7〜9月にはこの3倍に増え、空一面 がピンク色になることも


アメリカトキコー

▲ハサミアジサシ
 クイアバへ行く飛行機の中で、アメリカ人旅行者のスティーブと出会った。彼のクイアバでの目的地は、やはりパンタナール湿原らしい。意気投合した私たちは、一緒に旅をすることにした。が、果 たしてツアーはうまくみつかるだろうか……。
 しかし、そんな心配は無用だった。私たちはクイアバの空港でさっそく客引きにつかまったからだ。ここからすぐに出発して現地で2泊するツアーは、まあ手頃な料金だったので、このツアーに参加することにした。メンバーはブラジル人ドライバー、英語ができるブラジル人少年ガイドのクロード、客は私とスティーブの2人の合計4人。空港からパンタナールを目指し、いざ出発!
 しかし、天気はいきなり悪化して土砂降りになった。赤土のでこぼこ道をしばらく走ると、ワニ、カピバラ、トゥユユ、アララアズルと遭遇。ワニは大きくてもせいぜい2メートルくらい。ちょっとした水たまりに赤ちゃんワニがウヨウヨいて、両手を広げてプカプカ浮かぶ姿がかわいらしい。げっ歯類として世界最大のカピバラは、顔だけ見ればネズミだが、大型犬ほどの大きさがある。クロードが教えてくれたトゥユユという鳥は、白い大きな体にく ちばしと顔が真っ黒で、よく見ると奇妙な顔の鳥だ。アララアズルは青いオウムという意味で、その名の通 り、少し紫がかったきれいな水色の鳥。群れを成し、大空を羽ばたく光景が美しい。
  夕方になり、今晩の宿泊先のバンガローに着いた。近くの川にワニがいたが、蚊もいた。草むらの中の前を歩く半ズボンのクロードとスティーブの足には、うれしそうに蚊の集団が群がっている。虫除けスプレーをかけていた私の腕は免れたが、Tシャツの上からは背中を刺され、おまけに顔も刺され、あっという間にボコボコになってしまった。刺されると日本の蚊以上に痒くて痛い、固く大きく腫れてしまう。パンタナールのたくましい蚊には、しっかり虫除けをして立ち向かわなければならない。

●2日目●

 再びスコール。今は12月の雨期にあたり、雨といってもスコールは1〜2時間ほどで終わり、そのあとスカッと晴れる、青空がよみがえる。この日はのんびりと湿原を歩きまわり、眠くなったら昼寝をして気ままな時間を過ごす。

●3日目●


▲浮草ホテイアオイ



▲ワニ
 今日はボートで川を下る。ふだんはGパンをはいているだけで蒸し暑いのに、水面をボートで走ると心地よい風が吹き気持ちいい。水鳥がはばたき、ホエザルの鳴き声が辺りに響き、陸上とはまた違った湿原の顔をのぞかせてくれる。川岸でワニを発見した。私たちとワニの距離はわずか1メートル。こんなに近づいて大丈夫かな? 恐さもあるが、あまりの大接近にドキドキ興奮する。あるワニは微動だせず私たち侵入者を無視する。あるワニはすかさず水に飛び込む。また、あるワニは怒ってしっぽで水をたたきつけ、私たちに水しぶきを浴びせる。ワニと一口に言っても、それぞれ性格が異なっていておもしろい。おもしろいといえば、カピバラと遭遇したときのことだ。蛇行した川をボートで進み、川がカーブした向こう側でいきなり巨大カピバラと出くわした。私たちもびっくりしたが、それ以上に驚いたのがカピバラだったらしく、私たちと目が合った次の瞬間、「ブヒッ!」と叫んで一目散に川に飛び込んでしまったではないか。姿はネズミでも、鳴き声はブタそっくり。ふだんはボーッとしているくせに、おかしな動物である。
 今度はピラニア釣りに挑戦した。釣りの経験はほとんどないが、あっという間に10センチくらいのピラニアをキャッチ。やる前は「釣りなんて……」と、期待してなかったのに、やってみるとけっこうおもしろい。ピクピクと釣針にかかったときの手応えがうれしい。ピラニアは歯が鋭いので、ガイドのクロードに針から外してもらった。

▲ピラニア
 そろそろパンタナールでの冒険も終わりに近づき、シャワーを浴びて午後2時に湿原と別 れを告げる。ありのままの大自然で出会った奇妙な動物、ハッとするような美しい鳥、数えきれないワニたち……。パンタナール湿原はまさに動物たちの楽園だった。



南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.