<第10回> 
ペルー・チチカカ湖の島々を訪ねて
星が輝く素朴な島で、昔ながらの暮しぶりを体験
文/岩井加代子

 クスコやマチュピチュ、ナスカと並ぶペルーの見所、チチカカ湖。アンデス山脈の中央部のペルーとボリビアの国境にまたがる淡水湖は、海抜3,810mに位置し、面積は琵琶湖の約12倍。インカの初代皇帝、マンコ・カパックが妹と共にこの湖に現われたという伝説の地であり、付近には古代文明の遺跡が点在する。植物の葦を積み上げてつくられた有名な”浮島”のウロス島、先住民の昔ながらの暮らしぶりがうかがえるタキーレ島やアマンタニ島、ボリビア側のインカ帝国ゆかりの太陽の島など、チチカカ湖にはぜひ訪れてみたい島がいくつもある。
 クスコから列車に乗り、チチカカ湖畔の町プーノに着いた。ここは湖に浮かぶ島巡りの拠点になるところ。まずはプーノで情報を集め、タキーレ島の隣にあるアマンタニ島へ向かう。朝9時、モーターボートに乗りプーノを出発。チチカカ湖の水は、底のほうまで見えそうなくらいに透き通ってきれい。澄んでいるのに深みがある湖は、どことなく神秘的な雰囲気が漂う。アマンタニ島まで直行と聞いていたのに、ラッキーなことにボートはウロス島に上陸した。といっても、ここはトトラと呼ばれる葦を積み上げただけの”浮島”だ。おっかなびっくり、地? に足を降ろすと、少し足が沈む。ちょうど干し草を踏みつけたような感触に似ているが、思ったより地面はしっかりしている。同じくトトラで作った小さな家が建ち、先住民のおばさんが湖で採れた魚を干し、子どもたちが遊び回る。観光客相手に土産物を売ったり、トトラでできた船に乗せたりしているが、島はのんびりしたムードに包まれている。しばらくウロス島の雰囲気を楽しみ、ボートは再びアマンタニ島を目指す。
 午後1時にアマンタニ島に到着した。ボートの操縦士のおじさんに「プーノに戻るボートは何時に出るの?」と聞くと、「今日はないよ。明日の朝8時だ」という。え〜、そんな!! プーノで確認したときは夕方5時には戻れると聞いたのに……。ボートのおじさんは近くにいた少年の家に泊まれるように話しをつけてくれた。しょうがない、覚悟を決めて着の身着のまま、今日はこの島に一泊しよう。少年に案内された民家は少し崖を登ったところにあり、その家の2階の部屋に泊まれるらしい。板張りの上にむしろと毛布が用意してある。トイレは外にあって、高さ1mの三方の壁で便器代わりの穴を囲んでいるだけで扉はない。なんと夜暗いときは、部屋からトイレまでたいまつを持っていくらしい。まさかこんなところに泊まるとは……。

 夕食を済ませ、昼間出会ったドイツ人とイギリス人ツーリストたちと、島の小さな広場で待ち合わせた。もう日はすっかり落ち、外は真っ暗だ。街灯もなく、あたりがまったく見えない。しょうがないので、宿の少年が広場まで手を引いて案内してくれた。足元は石がゴロゴロしていて危ないのに、少年はたまにライターの火をつけるだけのわずかな明かりでスイスイ歩けるからすごい! 都会の便利な生活にどっぷりつかっている自分にはできない芸当だ。

 広場でツーリストと会い、雑貨屋のわきのテーブルに座ってビールを飲みおしゃべりをして過ごす。帰りは雲で隠れていた星がたくさん出てきた。360度の夜空のスクリーンに、きらきら光る星が目の前いっぱいに広がる。“息を飲む”という感動は、きっとこんな感じかもしれない。それにさっきは真っ暗だった道が、今は星の明かりで見えるようになった。夜でも明るいことが当たり前の都会にいたら、星がこんなに明るいなんて、こんなにも美しいなんて、実感できることもなかっただろう。むしろのベッドに寝ること、たいまつ片手にトイレに行くこと、それを不便だと感じるのは自分の価値観で勝手に考えているだけ。島に電気があふれたら、空に輝く数えきれないくらいの星を見ることはできない。素朴な生活があるからこそ、無数の星を眺めることができるのだ。

写真提供:prom peru

<バックナンバー>




南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.