Mおばあちゃんの
ブラジル体験記



毎月、サルヴァドールやブラジルの「今」を届けていただいている久枝さんのご両親がブラジルへ! 長期滞在中のMおばあちゃんのブラジル体験記です。
ブラジルでのお友達

  こちらに来てからお友達になったミリアムさん。彼女は車を運転するので、私も時々乗せてもらいます。サルヴァドールはロータリー式の交差点が多く、信号はほとんど無いと言ってよいほど。そこで、歩行者が道路を横断する場合は陸橋を利用します。この陸橋、広い道路のブラジルらしく、場所によっては200mはありそうなものもあります。
 ミリアムさんの運転は、バイパスを時速70〜80km/hで走行し、車の間を縫って右に左に。私はどきどきしながら乗っていますが運転は上手い。私の主人も日本で国際免許を用意して来ましたが、とても怖いので運転は止めにしました。

 ミリアムさんが家へ遊びに来るときは、お寿司を作って待ちます。干ぴょう、おかか、カッパの海苔巻。握りはサーモンと鯛。こちらのサーモンは脂がのっていて美味しいですよ。マグロはたまにしかないけれど、試してみたところ日本のものほうが美味しいですね。酢飯の酢は、こちらの酢の味がいまいちなので、日本から送ってもらった寿司の子で味付けしてます。お寿司好きのミリアムさんは美味しいと喜んでくれます。お友達とお寿司を食べに行くこともあるそう…。
 先日は、さつま芋と白インゲンであんを作り、頭を食紅で赤くして茶巾絞りを出したら、これも「ゴスト−ゾ(美味しい)」と言ってくれて、息子さんにも食べさせたいということでお土産にしました。
 ミリアムさんの息子は、下の子が空手を習っているそうで、日本語にも興味があるよう。ミリアムさんは、必ずポルトガル語である単語を言った後「エン ジャポネーズ?(日本語ではなんと言うの?)」と聞いてきます。帰国までに整理して、日本語を教えてあげようと思っています。距離は遠くても、近い日本になって欲しい。

 さて。最近の私はというと。一週間とりかかっていた、折り紙の鳳凰もやっと出来あがりました。娘の知人の誕生日のプレセントにして、大変喜ばれました。これからどこに飛んで行くかしら…?

◇◆◇筆者プロフィール◇◆◇

久枝・高橋・サントス
音大卒業後、ピアノ教師に。
結婚を機に13年前にブラジルに渡る。
現在は、サルバドールの海沿いに暮らし、ピアノや歌を教えている。

<バックナンバー>




南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.