日本からブラジルに移住され、ブラジルの社会・環境問題、移民の記録などを録り続けていらっしゃる映像作家の岡村淳氏が、「ブラジルと日本」について様々な視点からコラムを書いてくださいました。

ブラジルの日本食最前線

 いま、ブラジルの日本食が面白い!
 さて皆さん、ブラジル料理というと、何を思い浮かべますか? 牛肉を串刺しにして焼いた
シュラスコ、豆とソーセージなどを煮こんだフェイジョアーダあたりが本国ブラジルでもポピュラーな料理です。

 ブラジル最大の都市・サンパウロでは、今年になってなんと日本食レストランの数がシュラスコ専門店より多くなってしまいました。大変な日本食ブームです。以前はブラジル人にとって、日本食レストランといえば高級料理店のイメージでした。近年、健康食・自然食志向の高まりと共に日本食が脚光を浴びるようになり、ミドルクラスの家族連れや独身女性にも手の出る価格の日本食レストランが増えたためとみられています。
 ブラジルでもかつては頑固な日本人の寿司職人がいて、ブラジル人の客が来ると「満席だ」と追い返すような店もありました。今日では寿司マンも日系二世・三世、そして純粋のブラジル人と多彩になってきました。

 作り手が伝統的な日本食文化にこだわらないため、私たち日本人の常識では考えられない日本食に出くわすこともあります。
手巻き寿司のネタにアボガドを用いる
カリフォルニア巻きは、日本でも市民権を得て久しくなります。
我らがブラジルでは、
マンゴー巻き。ちょっとイメージすると気持ち悪くもありますが、ねっとりとしたマンゴーの甘味が千切りのニンジンやキュウリ、そして醤油と意外にマッチして、なかなかのトロピカルな味です。

 最近、招かれたパーティでは、舟盛りの寿司のなかに、なんと
イチゴの太巻き寿司がありました。大粒の真っ赤なイチゴ、銀シャリに黒光りの海苔で視覚的には鮮やかなのですが、やはり私の日本人の血が寿司にイチゴは許せません。
しかし、ここは多様性に寛容なブラジル。食べてみないことには批判も出来ません。意を決して醤油にたっぷりワサビも溶いて
イチゴ巻きに挑戦してみました…これがまさしく新感覚の珍味、悪くないのです。

 ブラジル生まれのイチゴイチエの味でした。
イチゴ寿司の開発者!?
アウグスタのCURRY SPICE(店主:小林さん 3062-0181)でのフェスタで近くの台湾人が製作。
シュラス カリアNOVILHO DE PRATAにもあります。
告知(終了しています)

岡村淳氏「移住41年目のビデオレター・グアタパラ編」
完成記念上映会が開催

「移住41年目のビデオレター・グアタパラ編」
制作・構成・撮影・編集・報告:岡村淳
2003年/カラー/DVCAM/73分
概要:1980年代に始まったブラジルから日本への出稼ぎのパイオニアとなった小島忠雄さんは、第二次大戦後のブラジル移住者だ。現在はサンパウロ州奥地の日本人村で、日本でブームとなっている健康食品のキノコを栽培している。ブラジルと日本を往来する小島さん一家の歩みと今を見つめる、移民の側からの移民の映像記録。


完成記念上映会

11月22日(土) 17:00〜19:00
立教大学(池袋)10号館X304号室
入場無料・予約不要

主催・問合わせ 立教大学ラテンアメリカ研究所
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/late-ken/lecture.html
電話 03-3985-2578
◇◆◇筆者プロフィール◇◆◇

岡村淳(おかむら・じゅん)

1958年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。1982年、日本映像記録センター(牛山純一代表)入社。処女作は日本テレビ『すばらしい世界旅行』の「ナメクジの空中サーカス 廃屋に潜む大群」。以降、ゲテモノおよび中南米の取材を主に担当して、大アマゾンの裸族、ピラニア、ポロロッカ等々を扱う。
1987年、フリーとなり、ブラジルに移民。
フリーの番組ディレクターを経て、1991年、小型ビデオカメラを用いたひとり取材に開眼。ブラジルの社会・環境問題、移民の記録にこだわり、作品をNHK、東京MXテレビ、朝日ニュースターなどの日本のTVメディアで発表。近年は自主制作によるドキュメンタリー作りを続けている。
自主制作の代表作に「郷愁は夢のなかで」(1998年)、「ブラジルの土に生きて」(2000年)、「赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み」(2002年)、5時間15分の長編「アマゾンの読経」(2004年)など。
作品の上映には制作責任者である岡村の立会いを原則として「ライブ上映会」と呼ばれ、「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、これまで日本、ブラジル、台湾、アメリカ、チリ、アルゼンチン、オランダでライブ上映会を実施。

<バックナンバー>




南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.