日本からブラジルに移住され、ブラジルの社会・環境問題、移民の記録などを録り続けていらっしゃる映像作家の岡村淳氏が、「ブラジルと日本」について様々な視点からコラムを書いてくださいました。

ブラジルのカレーは日本料理!?
 異国暮らしが長くなって、ふと食べたくなる祖国の料理。あなたなら何を選びますか?

 ブラジルで暮らす私の周囲の日本人に聞いてみると、意外と寿司や天ぷらのような典型的日本料理より、ラーメンやカレー、カツ丼や牛丼といった、いわばB級のメニューの方が多いのです。

 おいおい、カレーはインド料理じゃないか、ですって?

 国際都市サンパウロにはインド料理店もあります。これは高級レストラン。しかもカレーはさらっとしたスープ状の本場インド風のもの。カツカレーやハンバーグカレー、それに福神漬けか紅ショウガも添えて、となったら…メニューが数ページあるような日本食堂に行くしかありません。あるいは自分で材料を調達して作るか、カレーを知っている日系人に作ってもらうか…

 およそ500年前にヨーロッパ人からインドと間違えられた新大陸ですが、我らがブラジルでも意外とカレーの知名度は低いのです。ブラジルの庶民料理の基本は、一皿に米飯、汁タップリの煮豆に肉や魚などを盛付けるもの。しかも強烈なトウガラシの本場でもあるので、カレーライスは当地でも行けそうだと思っていたのですが…

 そんなブラジルに「カレー屋のチェーン店を開こう、カレーでブラジル制覇!」の夢を引っさげてやって来た若き日本人がいます。小林大朗さん、33歳。実家は横浜のレストランで、自らもさまざまな飲食店で修行を積んできました。
 格闘技ファンでもある小林さんは、日本でもブラジル人との付き合いがありました。そんなブラジル人の多くが日本のカレーが好き、というのを聞いたカレは、カレーな夢に賭けてブラジルにやってきました。

 試行錯誤のうえ、2001年1月、サンパウロの高級ビジネス街にあるアウグスタ通りにファースト・フードのカレー専門店「カレー・スパイス・ポイント」をオープンさせました。付近には日本からの駐在員とその家族も多いのですが、小林さんは思わぬジレンマに遭遇します。日本人好みの味にすると、パウリスタ(サンパウロ州人)の多くは辛すぎるというのです。

 「ブラジル人はちょっと辛目のストロガノフ、といった感じでカレーを食べるんですね。日本人にもうまい、とうならせるカレーを作れる自信はありますけど、日本人のお客さんは5パーセントぐらい。ブラジル人に迎合した味になっています」と小林さん。
 その秘訣をうかがうと、トマトとタマネギを多めにして甘味を増す、などとか。

 小林さんは自ら店頭に立って、客の1人1人にカレーの何たるかを啓発してきました。「ブラジル人にはカレーは日本料理と思われているようですね。インド生まれの調味料を使っていても、醤油や鰹節などの日本のダシを使っていますしね。手軽な値段でカレーを食べてもらって、奥の深いカレーをブラジル各地に広めていきたいですね。」

 ブラジル人の嗜好に合わせて、テンプラカレーやヤキソバカレーなどの新メニューも誕生しました。
 インド生まれのカレーは、日本的味付けを経て、さらにブラジル風に生まれ変わろうとしています。
CURRY SPICE POINT
場所: RUA. AUGUSTA, 1902 A-Loja 01(地下鉄CONSORACAO駅近く)
営業日時: 月曜から土曜まで(日曜定休)
12時から16時まで
料金: ビーフカレー、テンプラカレー、ヤキソバカレー:いずれも6.90レアル(約260円)カツカレー:8.90レアル約340円)
◇◆◇筆者プロフィール◇◆◇

岡村淳(おかむら・じゅん)

1958年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。1982年、日本映像記録センター(牛山純一代表)入社。処女作は日本テレビ『すばらしい世界旅行』の「ナメクジの空中サーカス 廃屋に潜む大群」。以降、ゲテモノおよび中南米の取材を主に担当して、大アマゾンの裸族、ピラニア、ポロロッカ等々を扱う。
1987年、フリーとなり、ブラジルに移民。
フリーの番組ディレクターを経て、1991年、小型ビデオカメラを用いたひとり取材に開眼。ブラジルの社会・環境問題、移民の記録にこだわり、作品をNHK、東京MXテレビ、朝日ニュースターなどの日本のTVメディアで発表。近年は自主制作によるドキュメンタリー作りを続けている。
自主制作の代表作に「郷愁は夢のなかで」(1998年)、「ブラジルの土に生きて」(2000年)、「赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み」(2002年)、5時間15分の長編「アマゾンの読経」(2004年)など。
作品の上映には制作責任者である岡村の立会いを原則として「ライブ上映会」と呼ばれ、「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、これまで日本、ブラジル、台湾、アメリカ、チリ、アルゼンチン、オランダでライブ上映会を実施。

<バックナンバー>




南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.