住めばブラジル
日本からブラジルに移住され、ブラジルの社会・環境問題、移民の記録などを録り続けていらっしゃる映像作家の岡村淳氏の「住めばブラジル」。様々な視点からコラムを書いてくださいました。
ブラジリアは水着持参で行こう!
  ブラジルの首都・ブラジリアと言えば…なにを思い浮かべますか?

 今から45年前に新しく首都となった、近未来的な建造物の立ち並ぶ人工都市。ブラジリアは今やUNESCOの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。

ブラジリアを象徴する大聖堂、カテドラル・メトロポリターナ。
 久しぶりにブラジリアに行ってきました。これまでブラジリアと言えば、お役所関係への取材許可申請や交渉で立ち寄ったぐらいでした。
 今回は地元の日系団体に招かれての拙作ドキュメンタリービデオの上映会。2日間にわたる上映会の合間に、ブラジリアの意外な観光穴場を探してみました。



 なんと中心街から9kmの至近距離に、国立公園があることを知りました。
 その名も「ブラジリア国立公園」。
 広さは2万8千ヘクタール、日本の新宿御苑の約475倍! 市民から「アグア・ミネラル(ミネラル・ウオーター)」の通称で呼ばれる憩いの地だといいます。ひと昔前のSF映画に出てきそうな世界遺産の建物群に失礼して、首都のなかの国立公園に向かいました。

国立公園内の源泉でミネラルウオーターをゲットする筆者。
 入園料は3レアイス(約130円)、開園時間は午前8時から午後4時まで。セラードと呼ばれる熱帯サバンナの森が拡がっています。
 セラード地帯は近代的な農業に適さないため、かつては不毛の荒地などと呼ばれることもありました。しかし今日では、薬用植物などが豊富で、貴重な動植物の宝庫であることが知られています。いっぽうアマゾン以上に生態系が脅かされていることから、世界各地の環境問題の専門家の注目を集めています。

 首都圏でエコ・ツーリズムの楽しめるブラジリア国立公園には、タテガミオオカミやオオアリクイなど、絶滅の危機に瀕した野生生物も生息しているといいます。ビジターの立ち入り可能な区域でも、人出の少ない時にはアルマジロやカピヴァラ、オマキザルなどに遭遇できる時もあるとか。

 ブラジリア国立公園は、まさしく水の聖地。
 この公園内に、南米の二大大河、アマゾン川とラ・プラタ川、そしてブラジル国内だけを流れる川としては最長のサン・フランシスコ川、この三つの大河川の源流がここにあるのです! セラードの森は首都圏の生活用水の涵養林であるばかりか、南米大陸に広く潤いを与えてくれているのです。

プールサイドに野生のオマキザルが登場、市民のお弁当のおすそ分けに預かる。
 市民にとっての目玉は、セラードの森に囲まれた純正ミネラル・ウオーター100パーセントの巨大プール。塩素臭くないプールで、子供にも安心な深さ。更衣室もきれいで監視員もいますので、ますます安心です。

 日曜の日中の人出にもかかわらず、オマキザルの群れまで近づいてきます。パンタナールやアマゾンへ虫に刺されに行かなくても、野生動物に会える!リオのコパカバーナで強盗の心配をしなくても、水着のブラジルねーちゃんたちの甲羅干しを拝める!

セラードの森に囲まれたミネラルウオーターの巨大プール。
 標高1000メートルを超える高原地帯でもあるブラジリアでは、心に染みるほどの碧空を堪能できます。セラードの森林浴も楽しみながら、ついつい昼間からセルヴェージャ(ビール)でもいただきたくなり、天然水プール近くの売店に向かいました。
 しかし残念ながらアルコール類はNGでした。ちなみにCDデッキなどの音響機器の使用、シュラスコ(バーベキュー)などの火の使用もご法度とのこと。さすが市民の憩いの地。

 次回は海パンにお握り、それに水筒に○○でも入れて持参してブラジリアを訪問したいものです。

◇◆◇筆者プロフィール◇◆◇

岡村淳(おかむら・じゅん)

1958年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。1982年、日本映像記録センター(牛山純一代表)入社。処女作は日本テレビ『すばらしい世界旅行』の「ナメクジの空中サーカス 廃屋に潜む大群」。以降、ゲテモノおよび中南米の取材を主に担当して、大アマゾンの裸族、ピラニア、ポロロッカ等々を扱う。
1987年、フリーとなり、ブラジルに移民。
フリーの番組ディレクターを経て、1991年、小型ビデオカメラを用いたひとり取材に開眼。ブラジルの社会・環境問題、移民の記録にこだわり、作品をNHK、東京MXテレビ、朝日ニュースターなどの日本のTVメディアで発表。近年は自主制作によるドキュメンタリー作りを続けている。
自主制作の代表作に「郷愁は夢のなかで」(1998年)、「ブラジルの土に生きて」(2000年)、「赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み」(2002年)、5時間15分の長編「アマゾンの読経」(2004年)など。
作品の上映には制作責任者である岡村の立会いを原則として「ライブ上映会」と呼ばれ、「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、これまで日本、ブラジル、台湾、アメリカ、チリ、アルゼンチン、オランダでライブ上映会を実施。

<バックナンバー>




南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.