リオのカーニバル

  • リオのカーニバル Portela 2017
  • リオのカーニバル Portela 2017
  • リオのカーニバル Mocidade 2017
  • リオのカーニバル Mocidade 2017
  • リオのカーニバル Salgueiro 2017
  • リオのカーニバル Salgueiro 2017
  • リオのカーニバル Mangueira 2017
  • リオのカーニバル Mangueira 2017
  • リオのカーニバル Grande Rio 2017
  • リオのカーニバル Grande Rio 2017
  • リオのカーニバル Beija-Flor 2017
  • リオのカーニバル Beija-Flor 2017

(C) Riotur - Carnaval 2017
※写真は全てイメージ

2019リオのカーニバルツアー

2019年リオのカーニバルは3月1日(金)~4日(月)の4日間にメインパレードが行われます。

ウニベルツールでは、優勝候補チームがひしめくスペシャルグループが登場する3月4日(月)のパレードを観戦する「リオのカーニバル2019 現地発着ツアー」と、本選で上位6位にまでのチームが登場する3月9日(土)のチャンピオンパレードの観覧ツアーを販売しております。

リオのカーニバルツアー2019≪
 

※スペシャルグループ以外のパレードなどを観戦されたい場合もぜひお問い合わせください!

リオのカーニバルについて


カーニバル(Carnaval)は元来カトリック教会の四旬節の前に行われる通俗的な「謝肉祭」のことですが、今は華やかなパレードを指します。

なかでもリオデジャネイロのカーニバルは世界最大のお祭りのひとつとされ、ブラジル内外から約100万人の観光客が殺到するビッグイベント。

四旬節の初日にあたる灰の水曜日(Quarta-feira de cinzas)の前に行われるため期間は毎年変動しますが、大体2月から3月初めの、土曜日~火曜日までの4日間に開催されます。

なお、リオのカーニバルは、各サンバチームによるコンテスト形式となっており、このカーニバルで順位が決まります。

サンバとは


サンバとはアフロ・ブラジル文化を代表する音楽とダンスの両方を指し、そのルーツはUNESCOの無形文化遺産として登録されているブラジル北東部バイーア地方のサンバ・ジ・ホーダ(Samba de Roda)とされています。19世紀にバイーア地方からリオデジャネイロの貧民街「ファヴェーラ」(Favela)への移住が進み、その中でサンバ・カリオカ(Samba Carioca)として総称されるリオのサンバが開花しました。

 

カーニバルのサンバ(音楽)はサンバ・エンヘード(Samba Enredo)と呼ばれ、パルチード・アウト(Partido Alto)およびサンバ・ジ・テヘイロ(Samba de Terreiro)と共にリオデジャネイロのサンバ母体(Matrizes do Samba do Rio de Janeiro)としてブラジルの無形文化財に登録されています。

エスコーラ・ジ・サンバ


エスコーラ・ジ・サンバ(Escola de Samba)すなわち「サンバ学校」の結成は20世紀前半まで遡ります。現存する中では、1928年に設立したマンゲイラ(Mangueira)が一番古いチームで、カリオカ(リオっ子)の間で圧倒的人気を誇ります。

 

現在はリオ各地域を代表するスペシャルグループ12チームAグループ14チーム、その下にB~Eグループに分かれて計約80ものチームが順位を競っています。各チームはテーマ曲となるサンバ・エンヘードの選考、打楽器隊「バテリア」(Bateria)の練習、数千人もの参加者の衣装とダンスの振付、アレゴリーア(山車)の建設など、各チームは一年中パレードの準備に追われています。

リオのサンバ競技場


現在のメインパレードは、1984年に建設されたサンバ競技場「サンボードロモ・ダ・マルケス・ジ・サプカイ」(Sambódromo da Marquês de Sapucaí)で行われ、スペシャル・グループとAグループが出場します。また、後日行われる、スペシャルグループを勝ち抜いた上位6チームによるチャンピオンズパレードもこの会場です。

リオのサンボードロモはブラジルのモダニズム建築の父とされるオスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)により設計され、全長700メートル、約8万人まで収容可能です。

パレードのチーム構成


計40名の審査員により、各チームのパレードは非常に厳しく審査されます。チーム構成には細かなルールが定められており、以下はスペシャルグループの主な条件となっております。

2017年のパレードでは、制限時間が短縮されるほか、山車の数が減るなどのルール変更が行われます。これにより、延長されがちなパレード時間の短縮が期待されています。

 

チーム構成の中でも200人以上からなる打楽器隊(Bateria)の大地を揺るがすリズムは圧巻です。下記のリンクにて打楽器隊の仕組みを体験することができます。

Carnival in Rio: play yourself a samba school drums section

スペシャルグループ(Grupo Especial)
制限時間
65分~75分
参加者総数
2,500人~4,000人
踊り子集団の華麗なスッテプと衣装が目を引きます
先導隊
10人~15人
パレードの先陣を切ってチームを先導する集団
女性旗手&エスコート役
最低1組
チームの顔となり、優雅に舞う男女のペアー
バイーア風の婦人
最低70人
サンバのルーツを象徴する重要な集団
バテリア(打楽器隊)
最低200人
パワー全開でパレード全体を盛り上げます
バテリアの女王
1名
審査の必須項目ではないがチームの花形として注目されます
アレゴリーア(山車)
5台~6台
形や色とりどりで高さが約10メートルにもなります

パレードの審査項目・結果発表


リオのメインパレードは以下の1~10までの項目を、それぞれ4人の審査員(計36人)が9.0~10点の間で採点し、最低点を除いた合計270点満点で順位が決まります。スペシャルグループの最下位になったチームが翌年Aグループに降格され、逆にAグループの優勝チームがスペシャルグループに昇格されます。結果はカーニバル後の灰の水曜日に発表され、その3日後の土曜日にスペシャルグループ上位6チームによりチャンピオンズパレードが行われます。

  1. Bateria バテリア(打楽器隊)
  2. Samba-Enredo テーマ曲
  3. Harmonia 調和
  4. Evolução 進行・展開
  5. Enredo テーマ
  6. Conjunto 全体の連携
  7. Alegorias e Adereços アレゴリア(山車)と装飾
  8. Fantasia 衣装
  9. Comissão de Frente 先導隊
  10. Porta Bandeira e Mestre Sala 女性旗手とエスコート役

2019年パレードのスケジュール


2019年3月3日(日)と4日(月)は優勝候補のスペシャルグループが下記のスケジュールで出場します。

各チーム名より紹介ページがリンクされています。チームの基本情報や2018年のパレードの動画(ダイジェスト版)等が見れます!

2019年3月3日(日)スペシャルグループ初日

インペーリオ・セハーノ IMPERIO SERRANO

21:15スタート

ウニードス ヴィラドウロ UNIDOS DO VIRADOURO

22:20 - 22:30

グランデ・リオ GRANDE RIO

23:25 - 23:45

サウゲイロ SALGUEIRO

00:30 - 01:00

ベイジャ・フロール BEIJA-FLOR(2018年優勝)

01:.35 - 02:15

IMPERATRIZ LEOPOLDINENSE

02:40 - 03:15

ウニドス・ダ・チジュカ UNIDOS DA TIJUCA

03:45 - 04:45

2019年3月4日(月)スペシャルグループ2日目

サン・クレメンチ SÃO CLEMENTE

21:15スタート

ヴィラ・イザベウ VILA ISABEL

22:20 - 22:30

ポルテラ PORTELA

23:25 - 23:45

ウニオン・ダ・イーリャ UNIÃO DA ILHA

00:30 - 01:00

パライゾ・ド・トゥイウチ PARAÍSO DO TUIUTI

01:35 - 02:15

マンゲイラ MANGUEIRA

02:40 - 03:15

モシダージ MOCIDADE

03:45 - 04:45

2018年スペシャルグループの審査結果


2018年リオのカーニバルのメインパレードは、2月9日(金)〜12日(月)の4日間で開催されました。下記はメインパレード後半の2日間に行われたスペシャルグループ全13チームの審査結果です!

 

通常、スペシャルグループは12チームで優勝を競うのですが、2017年はパレード中に山車の事故が発生し、この時最下位となったPARAISO DO TUIUTI(パライゾ・ド・トゥイウチ)は降格せずに2018年もスペシャルグループとしてパレードを行うこととなりました。さらに、2017年は採点ミスがあったことから、PORTELA(ポルテラ)とMOCIDADE(モシダージ)の2チームが優勝という成績でした。

 

そんな中でスタートした2018年の優勝は、2015年以来となるBEIJA FLOR(ベイジャ・フロール)でした!!

そして、2位はなんと特別ルールにより出場したパライゾ・ド・トゥイウチとなりました。

歴代優勝チーム


1984年にリオのサンボードロモでカーニバルのパレードが開催されるようになっでからスペシャルグループの歴代優勝チームの優勝回数は次のとおりです。

サンボードロモ以前のパレードを含む通算優勝回数では、23回のポルテラがトップとなります。

1. ベイジャ・フロール BEIJA-FLOR
8回優勝 1998, 2003-2005, 2007,2008, 2011, 2015,2017
2. インペラトリズ IMPERATRIZ
6回優勝 1989, 1994, 1995, 1999, 2000, 2001
3. マンゲイラ MANGUEIRA
6回優勝 1984, 1986, 1987, 1998, 2002, 2016
4. モシダージ MOCIDADE
5回優勝 1985, 1990, 1991, 1996, 2017
5. ヴィラ・イザベウ VILA ISABEL
3回優勝 1988, 2006, 2013
6. ウニドス・ダ・チジュカ UNIDOS DA TIJUCA
3回優勝 2010, 2012, 2014
7. サウゲイロ SALGUEIRO
2回優勝 1993, 2009
8. ポルテラ PORTELA
2回優勝 1984,2017
9. ヴィラドウロ VIRADOURO
1回優勝 1997
10. エスターシオ・ジ・サー ESTÁCIO DE SÁ
1回優勝 1992

ストリート・カーニバルとバイレ(舞踏会)


リオのサンバ競技場で行われるメインパレード以外に、グループB~Eに所属するサンバ学校によるパレードや400以上もの小規模なカーニバル団体「ブロッコス・カルナバレスコス」(Blocos Carnavalescos)のストリート・パフォーマンスがリオ市内各地の路上を盛り上げます。

パレードやストリート・パフォーマンスの他にも室内で開催される舞踏会「バイレ」(Baile)もリオのカーニバルに欠かせない催し物です。セレブが多く参加する高級なコパカバーナ・パレス・ホテルのバイレから、大衆向けのガフィエイラ(Gafieira)などがあり、どちらも強烈なサンバのリズムに汗みどろになって1年のウサをこの時とばかりに発散します!


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.