南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

コシーニャ


今回は、小腹が空いた時、ちょっとした軽食に最適なコシーニャを紹介。
奇妙な形が可愛らしく、独特の食感が美味しい、ブラジルでもポピュラーな揚げ物です。
コシーニャ材料

◎材料(12個分)

【皮 】  
牛乳または鶏肉の煮汁 2カップ
小麦粉 2カップ
食用油 半カップ(オリーブ油かマーガリンで代用するとヘルシー)
少々
溶き卵 1個分
パン粉 適宜
揚げ油 適宜
【中身 】  
鶏の胸肉 500g
オリーブ油 大さじ1
薬味野菜 玉ねぎなら中半分
ネギ、パセリ、ピーマンのみじん切り 各少々
少々
サフラン 少々

◎作り方

  1. パン粉はさらにジューサーにかけ、細かくしておく(この時、ジューサーのコップが濡れていないように気を付ける)
  2. 鶏の胸肉に塩コショウで下味を付け、少量の水で蓋をし軽く下煮する。
  3. 中まで火が通ったら、火から下して冷ます。下煮で出た煮汁を、生地に使用してもよい。
  4. 冷めた鶏肉は充分にほぐしておく。
  5. フライパンを熱し、強火で薬味野菜を炒めて1を加え、塩とサフランで軽く味付けをしておく。
  6. 中鍋に牛乳(または鶏肉の煮汁)を入れ、食用油、小麦粉を加え、だまにならないように充分混ぜてる。混ざったら中火にかけ、休まずにかき混ぜ続ける。
  7. 生地がボール状にまとまり、鍋から離れるぐらいに硬くなったら、火から下ろして冷ましておく。
  8. 生地が充分に冷めたら、12等分にしてそれぞれの中に2を包み写真のような形に整える。
  9. とき卵、パン粉の順にからめ、180度に熱した油で狐色になるまで揚げる。

エピソード
コシーニャ(COXINHA)は独特の形をしていますが、これは何だと思います?
インターネットでブラジル料理の「コシーニャ」を調べると、「涙の形をしたブラジル風コロッケ」と出てきますので、「コシーニャ=涙」と思う方も多いのでは?
でも、実は「COXA=腿」から来ています。
ブラジルに来て間もない頃、主人とサンパウロの街中を歩いていて、そろそろ少しおなかが空いて来た時、「Quer coxinha?」と主人が聞いてきました。
当時はまだ、少し考えてから話さないと会話が出来ない頃。
COXAとは“腿(もも)”のこと。単純な私は直訳して「おお、鶏のモモ肉・・・フライドチキンのようなものかな」考えました。
わくわくして待っていると、確かに小さな鶏のモモ肉の形をした軽食が出て来ました。それが、コシーニャ(COXINHA)。
出て来たモモ肉の形をしたCOXINHAを目の前に、「ああ、なるほどそういう意味か」と思ったのでした。
さて。コシーニャを調べた人なら「おや?」と思うかもしれませんが、日本語のサイトでは「ブラジル風コロッケ」として紹介されていることが多いコシーニャ。材料にジャガイモを使っているものが多いかも知れません。
でも、こちらで一般的にコシーニャというと、ジャガイモは使いません。もちろんジャガイモが入っているものもありますが、その場合は「ジャガイモのコシーニャ」という料理名になるようです。
名前の由来となっている面白い形に限らず、型に入れてオーブンで焼くとか、地域やお店、各家庭によって大分違う物もあるようですよ。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.