南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

タラのコロッケ(ボリーニョ・デ・バカリャウ)
Bolinho de bacalhau


おつまみの定番、タラのコロッケ。
我が家では「タラの団子」で人気の一品です。
バカリャウのコロッケの材料

◎材料

タラ 500g
じゃがいも 300g
たまねぎ 中1個
オリーブ油 大さじ2杯
2個
ねぎとパセリのみじん切り 合わせて1カップ
オレガノ 少々
おろしにんにく 4かけ分
小麦粉 適量
揚げ油 適量
パルメザンチーズ (好みで) 大さじ1

◎作り方

  1. 塩だらは、塩抜きをし骨を取り、ほぐしておく。
  2. ジャガイモは、ゆでて潰しておく。たまねぎはみじん切りにする。
  3. なべを熱しオリーブ油を加え、おろしにんにくを入れる。
  4. 弱火で、にんにくが黄金色になり、香りが出るまで火が通ったら、たまねぎを加えて強火で手早く炒める。
  5. たまねぎが透明になったら火から下ろす。残りの材料をすべて混ぜて、塩加減を調節。この時、生地が柔らか過ぎるようであれば、小麦粉を加える。
  6. 油かマーガリンを軽く手につけ、形を整えながら、充分に熱した揚げ油で揚げる。
タラのコロッケ(ボリーニョ・デ・バカリャウ)

エピソード
タラを見ると思い出す話があります。
 ある日本人が、ブラジルに移民してきてまもなく、鱈(タラ)を食べたくなりました。ところが、その当時良い辞書も無かったのか、タラをポルトガル語でなんというのか知りませんでした。
「まあ、とりあえず行ってみれば何とかなるだろう」と魚屋へ行ってみたのですが、魚屋の店主は一向に話がわかりません。
そうこうしているうちに、頭に来た日本人は、「馬鹿ヤロー!!」と怒鳴ってしまいました。
それを聞いた魚屋の店主は、なんと、タラを持ってきてくれました。
めでたし、めでたし(?) 
実は、タラは、ポルトガル語では、「バカリャウ」と言うんですね。
ブラジルではあまりにも有名な話で、ご存知の皆さんも多いかと思いますが、私には実際にあったのではないかと思われて、同情する気にもなるのです。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.