南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

クスクス パウリスタ(サンパウロ風)


今回は、アフリカの定番料理クスクス。
なぜブラジル料理でクスクス?と思われるかもしれませんが、ブラジルのどんなに小さなマーケットに行っても売っている、ほんとにポピュラーな料理なんですよ。
日本ではアフリカ料理の材料を売っているサイトや、食材店で購入が可能のようです。ブラジル食材店でもファリーニャ・デ・フバと言う名前で売られています。 
クスクス パウリスタ(サンパウロ風)の材料
クスクス パウリスタ(サンパウロ風)の材料
クスクスの粉

◎材料

クスクスの粉 2カップ
マンジョーカの粉 1カップ(クスクスの粉計3カップでも可)
スープA 2カップ(コンソメ2粒をぬるま湯に溶かしたもの)
具の材料  
オリーブ油 大さじ2
たまねぎ 中1個
ピーマン 中1/2個
にんにく 4かけ(つぶしたもの)
鶏の胸肉 400g
トマト 中2個
トマトピューレー 1缶
スープB 500ml(コンソメ2粒をのお湯に溶かしたもの)
少々
グリーンピース 小1缶
オリーブの実 1/2カップ(半分に切ったもの)
いわしの缶詰 2缶(骨は取り除く)
ゆで卵 4個(または ゆでたうずらの卵 12個)
パセリ 少々
ねぎ 少々
コリアンダー(パクチー) 少々
オリーブ油 適量
デコレーション用のグリーンピース、いわしの缶詰、ゆで卵 少量

◎作り方

  1. 真ん中に穴の開いた型の内側にオリーブ油を塗っておく。
  2. 2種類の粉をあわせ、スープA(コンソメ2粒をぬるま湯に溶かしたもの)を加え、両手でもむようにして水分を含ませる。約10分間ねかせて置く。
  3. トマトは皮を剥き種を取っておく。たまねぎはみじん切りにしておく。パセリ、ねぎ、コリアンダーもまとめてみじん切りに。缶詰のいわしは骨を取り除いておく。
  4. 鶏肉をキューブ形に切って、塩、にんにく、レモン汁少々で下味をつける。
  5. 大きめのフライパンにオリーブ油を熱し、つぶしたにんにく、玉ねぎ、ピーマンの順に強火で炒め、次に鶏肉を入れて10分間ほど炒める。
  6. トマトを入れ、柔らかくなったらトマトペーストとスープBを加える。ぽったりとしてくるまで煮つめる。
  7. 残りの材料(グリーンピース、卵、いわしの缶詰、パセリ、ねぎ、コリアンダー)をすべて加え、さっと炒める。
    この時、グリーンピース、卵、いわしの缶詰は、最後のデコレーションにも利用するので、各々少しずつ取っておく。
  8. 火加減を見ながらクスクスを少しづつ加え、スープを絡ませていく。
  9. クスクスがスープを吸って一塊になるようになったら、火を止める。
  10. 用意しておいた型に入れ、へらなどで形を整える。アルミ箔でふたをし、オーブン(中火)で15分焼く。
  11. アラ熱が冷めたら型から取り大皿に盛り、取っておいた材料を使って盛り付ける。

作り方オプショナル
1〜6までは同じ。
7にクスクスを混ぜ、蒸し器で蒸す。蒸し上がったら取り出し、盛り付ける。

クスクス パウリスタ(サンパウロ風)

エピソード
 ここブラジルでクスクスがポピュラーな料理なのは、アフリカの文化が根付いている表われでもありますね。
 加えて、値段も手軽だからでしょうか。例えば、500g入りの一袋はR$0.60です。一家5人の朝食をパンにするとR$1.50ぐらいは買わないといけません。
 かなり経済的ですよね。
 普通家庭でクスクスを料理するときは、ただ、塩味で蒸してマーガリンと牛乳をかけて食べる程度で済ませます。
 クスクスに混ぜるとか、かける具によって、色々なクスクス料理が楽しめます。カレーなんかにもとっても合います。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.