南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

シンシン・デ・ガリーニャ
Xinxim de Galinha


ヨーロッパ系移民の多いブラジルの南部では見られない、バイア州特有の料理(既にご紹介した、ヴァタパ、カルルなどと共に)の一種です。
その昔、奴隷として連れられて来た人々は、故郷を慕いながらこれらの料理を伝え続けて来たのでしょう。
シンシン・デ・ガリーニャの材料

◎材料

鶏のもも肉または胸肉 1kg
たまねぎ 中1個
コンソメスープ 200ml
レモン汁 大さじ3
にんにく 4かけ
オリーブ油 大さじ2
ココナツオイル 大さじ1
干し海老 300g
ピーナツ (あれば)カシューナッツ 100g
塩・コショウ 少々

◎作り方

  1. 玉ねぎは大きな輪切りに、にんにくはつぶしておく。
  2. 干し海老、ピーナツ(あればカシューナッツも)をプロセッサーかジューサーにかけて、細かくする。
  3. 鶏肉を小口切りに切り、レモン、にんにくの半分、塩、コショウ少々を加えて、冷蔵庫に1時間置く。鶏肉から出た汁は捨てる。
  4. 熱した大きめのフライパンにオリーブ油とココナツオイルを入れて、鶏肉を焼く。両面が黄金色になるまで焼いたら、いったん皿に取る。
  5. 同じフライパンに残りのにんにく、玉ねぎを入れ、玉ねぎの色が変わるまで炒める。
  6. 3とコンソメスープ200ml、干し海老を加え、蓋をして弱火で約20分煮る。
  7. 鶏肉が柔らかくなったら、ピーナツとカシューナッツを加え、さらに5分煮る。塩を加減して、できあがり。
★鶏肉をレモン汁に浸しておくと、肉が締まって、食感がまったく違うんです。やってみましょう。
エピソード
シンシン・デ・ガリーニャは、もともとはアフリカの多神教カンドンブレのOXUM(オシュン)神に捧げる供え物。 現在バイーア州では、家庭料理として、また、レストランなどでも親しまれています(OXUM神は、アフリカ、ナイジェリアに現存する同じ名前の川にまつわる神。安産や、子供の健康を守ってくれる神と信じられています。)
シンシン・デ・ガリーニャ
シンシン・デ・ガリーニャ

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.