南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

セッキーリョ


今回は、コーンスターチで作る、かるーいビスケット。口の中でスーッととろける食感がなんとも言えない「セッキ―リョ(Sequilho)」というお菓子です。
セッキーリョの素材

◎材料

コーンスターチ 600g
全卵 2個
砂糖 80g
マーガリン 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
コンデンスミルク 200ml
小麦粉 50g

◎作り方

  1. 天板にマーガリンを塗り、小麦粉をふっておく。
  2. ボールにコーンスターチを入れ、真ん中にくぼみを作り、その中に卵、砂糖、室温に戻したマーガリンを加え、よく混ぜる。
  3. 生地が混ざって、ぽろぽろになったら, ベーキングパウダー、コンデンスミルクと小麦粉を加え、耳たぶの固さくらいになるまで手でよくこねる。
  4. 棒状に伸ばして適当な長さに切ったら、環状に形をつけて天板に並べる。
  5. 180℃に熱しておいたオーブンに入れ、約15分焼く。
  6. 冷めないうちに、天板からビスケットを離して冷ます。

 アレンジ 
今回は見た目と味に変化を付けるため、材料を半分に分け、白いセッキ―リョと茶色いセッキ―リョを作りました。
素朴な味に仕上がる白は、コンデンスミルクだけ。
茶色は、材料の半分の種に、ココアパウダー大さじ2杯、コンデンスミルク大さじ1杯を加えてアレンジしたものです。

セッキーリョ

エピソード
セッキーリョは、元は、カトリックの復活祭にパドリーニョ(Padrinho:洗礼の際、霊の親となる人)が、そのフィリャードス(Filhados:洗礼の際、霊の子となる人)にプレゼントするのに使われていたお菓子だそうです。
セッキーリョは、お店でも市販されていて、1パック、$R0.70ぐらいです。
作り方も色々であり、フレッシュクリームを入れるものや、コーンスターチの代わりにタピオカを使ったりもします。
初めて食べたときは、口の中でスーッと解けた食感に、子供の頃に食べた、ボーロ(ポルトガル語でケーキを意味する)を
懐古しました。
手作りのものはまた、格別。
我が家の3人娘も、喜んで食べていました。結構おなかがいっぱいになるかも。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.