南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

ハバーダ


 ハバーダ(Rabada)の綴りの中にある「Raba(ハーボ)」は、ポルトガル語で尻尾のこと。つまり、ハバーダは牛テールの煮込みなのです。
 この部位は、あまり肉はついていないのですが、結構人気のある料理です。
 本格的にテールを煮込む場合、10時間位、コトコトと煮る必要がありますが、今回はお忙しい方のために圧力鍋を使ったレシピを紹介します。
ハバータ素材
ハバータ素材

◎材料

牛テール 1kg
たまねぎ 中1個
にんにく 3かけ
ピーマン 1個
完熟トマト 4個
ローリエの葉 3枚
じゃが芋 中4個
赤ワイン 200ml
化学調味料(お好みで) 適量
オリーブ油 適量
塩・胡椒 適宜

◎下準備

  1. 豆は一晩水に浸けておく。 (塩漬けの豚の足、耳などがあれば、同様に一晩水に浸けておく。この場合、2〜3時間に1回ほど水を替えると塩味が抜けます)
  2. テールは、切り口(丸くなった部分)に、包丁の先で切込みを入れる。
  3. テールは、最初に水から煮て、ひと煮立ち(20分くらい)したら、あら熱を冷まし、冷蔵庫に入れる。冷えると表面に油脂分が固まってでてくるので、それは取り除く。
  4. 全体に軽く塩・胡椒する。

◎作り方

  1. 一晩浸けた豆を、圧力鍋で豆がだいたい柔らかくなるまで煮る(30分ぐらい)。
  2. たまねぎ、にんにく、ピーマンは粗いみじん切りにしておく。
  3. フライパンに、オリーブ油を敷き、にんにく、たまねぎ、ピーマン、トマトの順に炒める。
  4. 3で炒めたものを、あらかじめ煮ておいた豆に加え、ローリエを加え、コトコト1時間くらい煮る。
  5. 豆の皮が柔らかくなったら、上澄みの油分を取り除き、塩、胡椒で味を調え、出来上がり。
ハバータ

 ハバーダはこってりとしていてとても美味しいのですが、コレステロールが気になるところ・・・。
 下準備として、下煮をし、いらない油分を除いておくこと。調理する油をオリーブ油にするところがミソです。
 あと、切り口に切込みを入れるのをお忘れなく。
エピソード
筋肉質を食すると骨が強くなるとか聞いたことがありますが、ブラジル人はモコト(牛足)とか、ハバーダ(尾)とか好きなようですね。だから背が高いのでしょうか???
かく言う私も、一度食べてみたら、骨や筋肉の味がスープに溶け出していて、本当においしいんですよね。
私も、こんなの食べたら、もっと背が高くなるかも・・・・・?
小さい頃から食べていたら良かったんですけど、もう遅いかな。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.