南米料理を楽しもう

ブラジル料理

ブラジル音楽を紹介していただいたサルヴァドール在住のMs.久枝が、いつも家庭で作っているブラジルならではお料理を伝授。
プロの料理人のレシピではないけれど、女性&主婦ならではの作りやすいレシピを紹介いたします。
一度食べたらクセになるかも!?

ソーニョ


ソーニョは、日本語で「夢」と言う意味。
揚げパンの中に、ジャムやクリームが入っているお菓子で、ポピュラーなのはグァバのジャムなど。今回は、カスタードクリームを入れて作ってみました。

ソーニョ素材



 

ソーニョ素材

◎材料(生地) 32個分

小麦粉 650g(生地の様子で加減します)
牛乳 300ml
Mサイズ2個
ドライイースト 10g
砂糖 大さじ2
ひとつまみ
サラダオイル 大さじ2
砂糖(デコレーション用) 適量

◎材料(カスタードクリーム)

コンデンスミルク 1缶(約400g)
卵黄 2個分
牛乳 500ml
コーンスターチ 大さじ4
バニラエッセンス 少々

◎作り方(生地)

  1. 室温に戻した牛乳に砂糖を加えよく混ぜたら、ドライイーストを加えてさらに混ぜる。
  2. 次に卵とサラダオイルを入れ、小麦粉を入れる。小麦粉は生地が硬くなりすぎないように、少し残して様子を見ながら入れる。
  3. ひと固まりになるまで捏ねていく。
  4. 32等分にして、丸くまとめる。
  5. 生地がひたる程度の油を中火にかけて熱した後、弱火で狐色になるまで揚げる。
  6. キッチンタオルなどでよく油を取ってから、砂糖をまぶしておく。
  7. ナイフで切り目をいれ、クリームをはさんで出来上がり。

作り方(カスタードクリーム)

  1. バニラエッセンスを除く全ての材料を良く混ぜ、弱火にかけて混ぜ続ける。
  2. クリーム状になったら、火からおろす。
  3. バニラエッセンスを加え、あら熱が冷めるまで混ぜる。
ソーニョ

エピソード
なぜ、ソーニョと呼ぶのか?
やはり、食べると夢を見ている心地になるからでしょうか。
元はポルトガルのクリスマス料理、ソーニョス(揚げシュー)から来ているのではないかと思いますが、
ブラジルでは、シューというより揚げパンか揚げドーナッツかと言ってもいいかというくらい、作り方も様々です。
ポルトガル語にしても、本来のポルトガル語とブラジルのポルトガル語とは異なる部分がありますが、
ソーニョも、ブラジルに渡って少しずつ変化してきたのかもしれません。
でも、あまーいソーニョ(夢)という名前は、そのまま変わらなかったようですね。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.