ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
[先頭]  <<    58   59   [60]   61   62   >>   [最後]
2012年02月21日(火)

2012年リオのカーニバルが最高潮!


今年も始まりました。2012年リオのカーニバル!
18日からスタートしたパレードは、現地時間19日夜から上位グループであるスペシャルチームのパレードが始まりました。

動画は、昨年下位グループ(Aグループ)で優勝して、スペシャルグループに仲間入りしたへナセール・デ・ジャカレパグア(Renascer de Jacarepaguá)。
Aグループの上位と、スペシャルグループの下位が毎年入れ替わり、互いに競い合うのがリオのカーニバルの醍醐味。

そのほかのグループはウニベルツールチャンネルでどうぞ!

2012/02/21 17:22 | リオのカーニバル | コメント(0)

2012年02月19日(日)

リオのカーニバル、開幕!

2012年リオのカーニバルが開幕しました!
初日は市長から「キング・モモ(カーニバルの王)」に開幕のシンボルである権限を象徴する鍵が渡され、子どもたちのサンバチームによるパレードが開かれました。

キング・モモは丸々太った人が務めるのが慣例ですが、AFPBB News によると、4年目のキング・モモ役となるミルトン・ジュニアさんは、今年は減量に励んでいるのだとか。
キング・モモは期間中、サンバの先導役も務めることから「体力勝負」の役目。かなりのスタミナが必要とされそうです。
単に「太っている」だけでは務まらないんでしょうね。

今年はどんなサンバが繰り広げられ、どのチームが優勝するのか楽しみです!

各チームの開設は「リオのカーニバル情報」「今年の出場チーム」のチーム名をクリック!


<ニュース元>
AFPBB News 今年は減量に励むカーニバル・キング、リオデジャネイロ

2012/02/19 12:49 | リオのカーニバル | コメント(0)

2012年02月10日(金)

『世界ふれあい街歩き』でペルー第二の都市アレキパを紹介。コンドルの谷の玄関口です! 

本日のNHK『世界ふれあい街歩き』(22時〜)で、ペルー第二の都市アレキパが紹介されます。

アレキパの詳細は番組にお任せするとして、この町は「うにべるのおもしろ観光情報」で紹介している
「野生のコンドルが舞う ペルー・コルカ渓谷 コンドルの谷」の玄関口ともなる町です。

実際には、コルカ渓谷までは5時間ほどかかるため、
コンドルの活動時間となる朝に到着しようとすると早朝3時出発!となってしまいます。
そのため、アルキパからさらに先のチバイ(標高3600m)に宿泊する1泊2日のツアーがおすすめです。

2012/02/10 20:20 | 中南米関連 書籍・雑誌・テレビ紹介 | コメント(0)

2012年02月03日(金)

イタリア生まれ、アルゼンチン育ちのピッツァをどうぞ!

アルゼンチンの主食はお肉(アサード)でありますが、イタリア移民の影響からピザも人気の食事です。ブエノスアイレスにも人気のお店がいくつかあり、様々なピザ類を食べることができます。
今回は、人気のあるピザとブエノスアイレスでのお勧めのお店をご紹介します。

 

 

<人気のピザ>

続きを読む...

2012/02/03 17:54 | アルゼンチン情報 | コメント(0)

2012年01月25日(水)

リオのカーニバル
審査員席真正面の外国人観光客用指定階段席は最高潮の盛り上がり!

リオのカーニバルの開催が2月18日〜21日と迫ってきています。
カーニバル好きなカリオカ(リオっ子)は、年明けからすっかりそわそわしているようです。


今日は、リオのカーニバルツアーで利用する「外国人観光客用の指定階段席(アルキバンカーダ)」についてご紹介です。
先日から指定階段席付き入場券のみの販売を開始しましたが、その金額に少し驚かれた方もいらっしゃるのでは?

世界中から観光客が集まるこの時期。リオは航空券からホテルから、何から何までかなりお高くなってしまうのです。
とはいえ、このアルキバンカーダにはいろいろな利点があります。


カーニバルの専用会場「サンボドロモ」はセクターごとに1〜13の番号がふられ、ブラジル人用のセクターと「外国人観光客用のセクター(SETOR 9)に分かれています。
 


この「外国人観光客用のセクター(SETOR 9)」は、審査員席の正面に位置
しています。
リオのカーニバルはコンテスト形式ですから、各グループは審査員席で最高のパフォーマンスを披露します。それだけに、各パレードが最高に盛り上がる場所でもあるんですね。

そしてもう一つ、地味ながらとっても重要な点。
それはほかのセクターは「自由席」ですが、は外国人観光客用のセクター(SETOR 9)は全席指定席であること。
ブラジル人は当日は早くから駆けつけ席を取ります。これに交ざって良い席を取ろうとするなら、相当早くから行って並ばなくてはなりませんし、日本のように「荷物を置いて場所取り」なんてできません(絶対にしてはダメですよ)。
その点、外国人観光客用のセクター(SETOR 9)なら全席指定席なので直前までリオデジャネイロ観光を楽しめますし、送迎車(バスなど)が会場の目の前まで行ってくれます野で、入場もスムーズです。
セクター内にはスタッフがいて色々とお手伝いなどしてくれるたりするため、金額に見合った楽しみ方ができると言えるでしょう。


ちなみに、「席」といってもすべてコンクリートの階段状の席なので、大きな違いは上記の「場所」といえます。。
2度、3度と見に行く方なら安いブラジル人用の席も違った楽しみがあるかと思いますが、せっかく地球の裏側まで行くのですから、せめて最初の1回はのんびりと優雅に外国人観光客用のセクター(SETOR 9)で見ることをお勧めしますよ〜。
 

なお、ブラジルはビザ(査証)の取得が必要なため、ホテルや航空券を考えますと、そろそろギリギリのタイミングです。
迷っている方は、まずはお問い合わせを!
 

続きを読む...

2012/01/25 11:58 | リオのカーニバル | コメント(0)

[先頭]  <<    58   59   [60]   61   62   >>   [最後]

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.