ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
[先頭]  <<    59   60   [61]   62   63   >>   [最後]
2012年06月19日(火)

ブラジル生まれのファッションブランドをショッピング!

ブラジルのファッションは、世界でもなかなかの人気です。
ブラジルらしい鮮やかな色合いなど、日本人にはない色彩感覚や鮮やかな発想。
海外セレブが愛用していたことで一躍有名になったビーチサンダルのハワイアナス(havaianas)などもブラジル発のブランドです。
最近では、再生可能なプラシックで作った靴やかばんなどエコなブランドとしてメリッサ(MELISSA)も人気ですね。

そんなブラジル・サンパウロで、6月16日まで13年春夏サンパウロ・ファッションウィーク(Sao Paulo Fashion Week)が開催されていました。


ファッションウィークではヘルコビッチ・アレキサンドレ(HERCHCOVITCH;ALEXANDRE)トゥフィ・デュエキ(TUFI DUEK)、アニマレ(Animale)など、約30のブランドが春夏コレクションを発表。



MODE PRESSの記事によると、
 

ファッションウィーク全体のクリエイティブ・ディレクターを務めるパウロ・ボルジェ(Paulo Borges)は「サンパウロ・ファッションウィークの独自性に、世界が注目している。ブラジルは、独特の文化を持った、ユニークな国。これからは、衣類 を“生産する国”から“デザインを発信する国”にならなくてはいけない」と会見で語った。(c)AFP


とのこと。
欧米や中東など世界各国からバイヤーが来場し、盛り上がりを見せたようです。

ヘルコビッチ・アレキサンドレのコレクションは、リオデジャネイロならショッピングセンターやファッション・モールで購入できます。
メリッサなら、サンパウロにギャラリーがあり、それ以外では、Jellyというチェーン店で販売されています。
ちなみに、ハワイアナスは庶民派ブランドなのでスーパーやお肉屋さんでも売られているそうです(リオ支店情報)。もちろん、専門店もありますよ。
 

現地のお店なら日本未発売のデザインもたくさん! ブランドや店によってはセールがある場合も。
サンパウロやリオデジャネイロの市内観光に、ブラジル・ファッションを見て回るのはいかがですか?
 

記事元:MODE PRESS
http://www.afpbb.com/fashion/article/fashion-mp/2883765/9107367



ショーの写真はこちらのニュースにもありました。
 

MSN産経ニュース
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/fashion/2012/06saopaulo/0618cirnansck/


 

→ サンパウロの現地発着ツアーはこちら
→ リオデジャネイロの現地発着ツアーはこちら
 


2012/06/19 11:10 | ブラジル情報 | コメント(0)

2012年06月14日(木)

ブエノスアイレスでサッカー観戦ツアー&スタジアム見学をどうぞ!

サッカーの国際親善試合で、メキシコに引き続き、アルゼンチンにも負けてしまったブラジル…。
大本命のワールドカップは来年とはいえ、若干不安の残る試合となってしまいました。

メキシコに負けたときは、ダラスが摂氏36度の気温だったから肉体的にも精神的にも試練だった(でも、ブラジルもっと暑いよ!?)とか、メキシコ人ばかりの応援だったから気分があがらなかったとか、ブラジルチームを擁護する意見も見受けられましたが、どのニュースもアルゼンチン戦は負けるなよ的な論調でしたので、ブラジル国内はどんな雰囲気になっているのやら…。


さて、そのブラジルに勝ったアルゼンチン。
ブエノスアイレスのホテルから往復送迎・指定席(プラテア)を含めた観光客用のサッカー観戦ツアーがあります。

2012年6月現在、観戦できるのは、南米サッカークラブ王者を決める「リベルタドーレス・カップ」のアルゼンチン国内戦。
南米大会での優勝チームは、12月に行われるFIFAクラブワールドカップ(旧トヨタカップ)への出場権が与えられます。


リベルタドーレス・カップは毎年2月の末から6、7月の間に行われますが、アルゼンチンの代表チームがどこまで進むかにより観戦ツアーが企画されます。
今年は準決勝にボカ・ジュニアーが残っているので6月でもアルゼンチンで観戦ツアーが行われています(進むチームが地方のチームである場合観戦ツアーはありません)。

ただ、現在アルゼンチンのサッカーの試合(リーグ)は全てテレビの時間に合あわせる必要があるため、試合の曜日、時間は開催1週間前まで未定となっています。


そのほか、ワールドカップの予選試合もありますが、最近はブエノスアイレスではなく地方で試合が行われるケースも多く、ブエノスアイレスでワールドカップ予選の観戦ツアーは難しいようです。

なお、観戦ツアーの料金はその都度変わります。
対戦チームによりリーグ戦の場合は150〜300ドルほど。
例えば、ボカジュニアー対リバープレトでは600ドルなどになることも。
リベルタドーレス・カップの試合でも250〜350ドル、決勝になるとそれ以上の金額になる可能性もありますので、その都度、お問い合わせいただきご案内する形になります。

 

このほか、ブエノスアイレスの市内観光に、同市を本拠地とするボカ・ジュニアーズのスタジアム見学を組みことも可能です。

ボカ・ジュニアーズのスタジアムは、観光地として人気のボカ地区、タンゴの発祥地“カミニート”から200m程度に位置しており、サッカー好きの方はよく寄られています。
スタジアム内にチームのミュージアムもありますので、楽しめるでしょう。
入場料は①ミュージアムのみ、②スタジアムのみ、③ミュージアム+スタジアムなどの組み合わせにより15〜20ドル程度です。
なお、スタジアム&ミュージアムは、ガイド付きの見学ではありません。


もう少し足を伸ばすなら、ブエノスアイレスの名門チーム、リバープレートのスタジアムでもミュージアムとスタジアムの見学が可能です。
ただ、こちらは中心街から30〜45分ほどかかるため、通常の観光ルートに含むことができず、スタジアムのみへ向うことになります。
入場料は、ミュージアムのみ、スタジアムのみ、ミュージアム+スタジアムにより15〜20ドル程度。

どちらのスタジアム見学も、サッカーの試合が行われる日は入場できません。
また、見学には事前確認が必要となります。


サッカー好きの方でなくても、スタジアム見学は楽しいですよ!!

→ブエノスアイレスの現地発着ツアーはこちら

※上記観戦ツアーの内容、料金は2012年6月現在となっております。詳細はその都度、お問い合わせください。
 

2012/06/14 10:35 | アルゼンチン情報 | コメント(0)

2012年05月30日(水)

リオデジャネイロでレストランウィーク

リオデジャネイロで、レストランウィークが開催されています。
6月3日までなので、これからリオに行かれる方は残念ながら間に合いませんが、今、リオにいらっしゃる方は是非!
もっと早くにお知らせできなくてすみません!!

レストランウィークは、参加レストランの食事がリーズナブルな価格で楽しむことができます。
参加しているのはいずれもリオデジャネイロでは名のあるレストランで、前菜、メインディッシュ、デザートまでセットのランチで31,90レアル。ディナーは43,90レアル。

この機会に、レストランへ足を運んでみませんか?

公式サイト http://www.restaurantweek.com.br/rj
 

続きを読む...

2012/05/30 11:58 | ブラジル情報 | コメント(0)

2012年05月25日(金)

6月はフェスティバルがいっぱい!
〜南米を彩る6月の祭り〜

6月は南米の各地でお祭りが開催されます。
そのうちのいくつかをご紹介します。


■インカの時代がよみがえる! インティライミ(太陽の祭り)

中でも有名なのは、南米3大祭りとも言われているペルー・クスコの「インティライミ(太陽の祭り)」でしょう。
1年のうちでもっとも日の短い冬至の日に行われる祭りで、その年豊作に感謝し、翌年の豊作を太陽に願うものです。

インカの時代から続いていたお祭りで、スペイン統治時代に一時期廃止となりましたが、その後復活しました。

特に、遺跡を舞台に広げられる儀式は見ものです。
儀式はそれぞれ場所を移して行われ、最初はクスコ市内のサントドミンゴ教会(太陽の神殿)、次にサクサイワマン遺跡でメインの儀式が行われます。
 

「インティライミ(太陽の祭り)」は6月24日に開催されます。ご興味ある方はお問い合わせください。
  

続きを読む...

2012/05/25 10:14 | ペルー情報 | コメント(0)

2012年05月21日(月)

2014年サッカー・ワールドカップ 建設中のサンパウロのイタケロン・スタジアム

2012年5月6日時点の建築風景2012年5月6日時点の建築風景

2014年のサッカー・ワールドカップ、ブラジル大会で開幕戦を行うサンパウロのイタケロン・スタジアムは、現在、日夜ノンストップで工事中です。

その様子がサンパウロ支店から届きましたのでご紹介いたします。

続きを読む...

2012/05/21 10:15 | サッカー情報 | コメント(0)

[先頭]  <<    59   60   [61]   62   63   >>   [最後]

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.