ブラジル・中南米ビジネス情報タイトル

豊富な資源、目覚ましい経済・技術発展、注目の国際イベントなど、
今、ブラジルは日本と世界から熱いまなざしを向けられています。
ここでは、日本とブラジルのビジネス・チャンスに役立つ最新の情報を提供いたします。

[1]   2   >>   
2012年12月17日(月)

10月、11月のブラジル拡大消費者物価指数(IPCA)

ブルームバーグに掲載されている、ブラジル地理統計資料院(IBGE)が発表した
10月、11月の拡大消費者物価指数の概要を紹介いたします。

=============================================================
                  11月     10月     9月    8月     7月     6月     5月      4月     11月
                  2012     2012    2012   2012    2012   2012    2012    2012    2011
=============================================================
              -----------------拡大消費者物価指数(IPCA)------------------
前月比(%)    0.60%  0.59%  0.57%  0.41%  0.43%  0.08%  0.36%  0.64%  0.52% 
前年比(%)    5.53%  5.45%  5.28%  5.24%  5.20%  4.92%  4.99%  5.10%  6.64% 
=============================================================
注:数値は季節調整済み。 1993年12月=100
IPCA=ブラジル政府の公式インフレ指数。最低給与の40倍までの
所得を持つ家族を対象


出所:ブラジル地理統計資料院

 (Brazilian Geography and Statistics Institute)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MENQL91A1I4H01.html

 

2012/12/17 10:30 | ブラジル経済の概況 | コメント(0)

2012年10月12日(金)

9月のブラジル拡大消費者物価指数(IPCA)

ブルームバーグに、ブラジル地理統計資料院(IBGE)が発表した
9月の拡大消費者物価指数の概要が掲載されていました。

 

=============================================================
                   9月    8月    7月      6月      5月      4月      3月     2月      9月
                   2012   2012    2012     2012    2012     2012     2012    2012    2011
=============================================================
                           -----------------拡大消費者物価指数(IPCA)------------------
前月比(%)    0.57%  0.41%  0.43%  0.08%  0.36%  0.64%  0.21%  0.45%  0.53% 
前年比(%)    5.28%  5.24%  5.20%  4.92%  4.99%  5.10%  5.24%  5.85%  7.31% 
=============================================================
注:数値は季節調整済み。 1993年12月=100
IPCA=ブラジル政府の公式インフレ指数。最低給与の40倍までの
所得を持つ家族を対象


出所:ブラジル地理統計資料院
 
(Brazilian Geography and Statistics Institute)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBF5D00YHQ0X01.html


続きを読む...

2012/10/12 11:45 | ブラジル経済の概況 | コメント(0)

2012年02月27日(月)

ブラジル経済の概況

ブラジルは、海外とのビジネス、海外でのビジネスを考える企業にとって、ブラジルは非常に魅力的な国です。
ブラジルの経済環境や、成長著しい購買層について簡単にご紹介します。


●豊富な天然資源と産業

ブラジルは地理的にも、南米諸外国はもちろん、欧米や中近東へのアクセスも良好です。世界5位の人口と国土面積を持ち、名目GDPは世界7位(2010年数値)。
2006年に、大型海底油田プレ・ソルが発見されたことにより石油の自給体制が確立。
世界最大級の河川であるアマゾン川は、その流域を含めて世界の淡水の約2割が存在すると言われており、多くの資源、農産物の生産量が世界有数を誇ります。

世界各国への資源や食糧の供給国としてその重要性が増しているのがブラジルです。


世界1位:コーヒー、オレンジジュース、砂糖
世界2位:バイオ・エタノール、大豆、牛肉、たばこ
世界3位:鶏肉
世界4位:豚肉、自動車販売
(※2010年)


●堅調な経済環境

1980年代は軍政から民政に移行する中で、数百パーセントものハイパーインフレが発生するなど混乱が生じましたが、1994年に新通貨レアルの導入など「レアル・プラン」が進む中で、インフレは沈静化。以降は安定した経済政策がとられ、インフレ率も安定しています。

2008年1月には、対外資産総額が史上初めて対外債務総額を超過し、純債権国となり、外貨準備高は2010年12月現在で世界7位となっています。

ブラジルの長期外貨建て格付けは、S&Pが2011年11月に、BBB-からBBBに1段階引き上げられています。
 


長期外貨建て格付け S&P/BBB(安定的)、Fitch/BBB(安定的)
(2011年11月)


●成長する労働力と購買層

経済が安定したことにより、2001年10.6%だった失業率が2010年には6.7%までに低下。さらに近年は労働力の質も高まっています。また、国民の生活ベースが底上げされたことによる購買層の成長は目を見張るものがあり、2010年の国内自動車販売台数は350万台(世界4位)と2003年から成長を続けています。


●中南米地域の市場

ブラジルは中南米諸国のGDP総額の約4割を占め、大きな存在感を発揮しています。
 

<中南米>
域内人口約5.6億人(2010年)
域内GDP合計 約5.0兆ドル(2010年)
 

<メルコスール(南米南部共同市場)>
域内人口:約3.9億人(2010年)
域内GDP合計 約3.6兆ドル(2010年)※準加盟国含む


※ブラジルはメルコスール加盟国!

メルコスールは1995年に関税同盟として発足されました。
加盟国:ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラ
準加盟国:チリ、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア

 


2012/02/27 10:29 | ブラジル経済の概況 | コメント(0)

2012年02月15日(水)

ブラジルの概況

<社会>

面  積 851.2万平方キロ(世界第5位、日本の22.5倍)
首  都 ブラジリア(連邦直轄区)
言  語 ポルトガル語
宗  教 主にキリスト教(カトリック)
人  口 約1億9,100万人(2010年、伯国勢調査)
非識字率 8.9%(2009年) ※(10歳以上人口)



<政治>

政   体 連邦共和制
大 統 領 ジルマ・ヴァーナ・ルセフ大統領(2011年1月1日就任、任期4年)
議 会 制 度 2院制(上院81議名、下院513名)
主 要 政 党 労働者党(PT)、ブラジル民主運動党(PMDB)、
ブラジル社会民主党(PSDB)


 


<経済(2010年)>

実質GDP成長率 7.5%
GDP 3兆6,750億レアル(2兆898億ドル)
1人当たりGDP 1万9,106レアル(1万814ドル)
為替レート 1ドル=1.72レアル(2012年2月現在)
インフレ率(IPCA) 5.91%
政策金利(Selic、年末時点) 10.75%
失業率(主要6都市※、年平均) 6.7%
外貨準備高(年末時点) 2,885億7,500万ドル
対外債務残高(年末時点) 2,556億ドル6,400万ドル
経常収支額 △475億1,800万ドル
輸出額 2,019億1,500万ドル
輸入額 1,816億4,900万ドル
対内直接投資額
(国際収支ベース)
484億3,800万ドル
自動車生産台数 363万8,390台(CKD<コンプリート・ノック・ダウン>含む)
自動車販売台数(新車登録) 351万5,064台

 

<対日関係>

ブラジルの対日輸出額  71億4,100万ドル、国別第6位(2010年)
ブラジルの対日輸入額  69億8,200万ドル、国別第6位(2010年)
日本の対ブラジル投資額  24億9,700万ドル(対内投資受入額の4.7%、2010年)
在留邦人数  5万9,627人(長期滞在者:2,327人
 永住者:5万7,300人〈2009年10月〉)

 日系人総数推定 約150万人

在日ブラジル人数  約27万人(2009年12月)

日系法人数

 約350社(ジェトロ調べ。2010年12月)


注:※主要6都市は、サンパウロ市、リオデジャネイロ市、ベロオリゾンテ市、レシーフェ市、サルバドール市、ポルトアレグレ市。
資料:ブラジル地理統計院(IBGE)、開発商工省、中央銀行、日本外務省、ジェトロ資料など

 


2012/02/15 11:49 | ブラジル経済の概況 | コメント(0)

2011年10月31日(月)

ブラジル経済概況について、駐日ブラジル大使館のサイトもおすすめです

前回、ブラジル経済概況について全体を把握するのにJETROのサイトをおすすめしましたが、
駐日ブラジル大使館のサイトでも、
「大使によるブラジル関連記事」に新たな日伯関係への期待感 (PDF)で知ることができます。

2011年7月の記事ですので、直近のブラジルの状況を日本語で読める資料としてお勧めです。

2011/10/31 17:58 | ブラジル経済の概況 | コメント(0)

[1]   2   >>   

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.