ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2012年10月26日(金)

ペルーの世界遺産 ワスカラン国立公園へ

今回は「意外にも温泉天国? ペルーの温泉事情」に引き続き、マチュピチュ以外のペルーの魅力をご紹介です。

リマから北にバスで約8時間。
カラフルな民族衣装を身にまとった人々が行き交う、標高3000mの高地にワラスという町があります。

リマやクスコのように日本人に馴染みがある都市ではありませんが、周辺には世界遺産があり“知る人ぞ知る”観光地なんですよ!

公共交通機関があまり発達していないため、観光には現地発着ツアーを利用するのが便利です。町なかには現地の旅行会社がたくさんあり、欧米人などは現地で申し込む人が多いです。

ワラス周辺観光のハイライトは、ワスカラン国立公園とチャビン・デ・ワンタル。そのほかにも氷河バストレイルや、ここにもある温泉、トレッキング、ロッククライミングなどアウトドアも楽しめます。

 

■ワスカラン国立公園

世界で最も高いところにある国立公園で、標高6000m級の山々が連なるブランカ山脈の中の最高峰、ワスカラン山の名前をとった国立公園です。1985年に世界自然遺産に登録されています。

ワスカラン国立公園内にあるヤンガヌコ湖はコバルトブルーが美しい湖。
湖と白い雪に覆われた山々のコントラストを間近で見られるほか、湖では手ごきのボートに乗ることもできます。
 

huascaran By phoosh


■チャビン・デ・ワンタル

チャビン文化の遺跡で、チャビン考古地区として世界文化遺産に登録されています。
ペルーには数多く遺跡がありますが、ここは石積みの地下宮殿があり、迷路のような地下を散策できます。
人面動物など変わった石像が多く、見応たっぷり!
 

Chavín de Huántar by inyucho


そのほか、氷河バストレイルは標高5100mを体験できます。
ワラスまで来て、高山病が大丈夫そうでしたらチャレンジしてみては?
(この時点で頭痛や吐き気など、高山病が疑われる症状が出る場合は決して無理をせずに!)


馬で登ることができますが、歩くこともできます。
しかし、「利用すればよかった」と後悔するほどなかなかハード!だとか。
標高が高い為、2歩歩くだけで息があがります。しかも、かなり寒く手袋は必需品です。


そして、ペルーのお楽しみといえば、温泉!
冷えたカラダには温泉ですよね。ワラスの近郊にはモンテレイ温泉があります。茶系のお湯でちょっとギョッとするかもしれませんが、アウトドアを楽しんだ後は、ここで疲れを癒してください。
 

2012/10/26 10:26 | ペルー情報 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.