ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2017年02月09日(木)

カカオからチョコを作ってみた「チョコレートワークショップ」

2月4日に開催された日本ブラジル中央協会主催の「チョコレートワークショップ」に参加してきました。なんと、チョコレート作りといっても原材料のカカオからのチョコレート作りでした!
 
このワークショップ。これまでに2回開催されていましたが、どれもすぐに満席となってしまい参加ができませんでした。今回、土曜開催ということで、普段の後援会とは違う雰囲気の中で楽しんでまいりました。
 
講師をしてくださったのは、ブラジルのアマゾン奥地で「アグロフォレストリー」の普及に努めるクルミン・ジャポンの武田 真由子さん。小柄な方でしたが、その内に秘めたるパワーは、さすが、年に何か月もアマゾンで生活するバイタリティを持っていらっしゃると感じるものでした。

講師の武田さん(クルミン・ジャポン)講師の武田さん(クルミン・ジャポン)

「アグロフォレストリー」は、短いサイクルでの焼畑や単一作物栽培により土地が疲弊して作物の収穫量が下がるため、アマゾンを切り開き畑を増やす、といった悪循環を断ち切るための方法として近年注目を集めています。
この方法がブラジルで根付きはじめているのに、日系人が大きくかかわっているんです。始まりは、パラー州のトメアスーに移住した日本人たちが、当時行なわれていた胡椒の単一栽培による価格暴落の危機を振り返ったことでした。多種多様な作物を栽培するための手段でもあったわけです。
 
その「アグロフォレストリー」で欠かせないのがカカオの栽培です。
チョコレートの原材料となるカカオは種子の部分なのですが、これを発酵・乾燥させ「カカオニブ」の状態にすることによって原料となります。
このカカオニブが世界中に輸出され、各国でチョコレートとなっているのです。
それ以前の状態では安価に取引されてしまうことからクルミン・ジャポンでは、カカオニブへの加工も指導。ワークショップで持ってきてくれたのは、そのカカオニブでした。

カカオを発酵・乾燥・焙煎した「カカオニブ」カカオを発酵・乾燥・焙煎した「カカオニブ」

手作りチョコレートといっても、すでにチョコレートの状態になっているものを溶かして固めなおすのがふつう。ここでは、カカオニブから作ってしまいました!
 
大変だったのは、カカオニブの殻を取り除く作業。野生種に近いカカオだとのことで1粒1粒が小さく、ものによってはとても固くて割れないものも。割れやすいのはすぐ割れるのですが、一緒に中のカカオもバラバラになってしまい、これはこれで殻と砕けたカカオを選別するのが大変だったり・・・。

ちなみにこの段階で食べると、パリっとした食感で酸味があります。
私はおつまみのピーナツかなにかかと思い、殻ごと食べてしまいました(汗)。
後で「殻は食べても害はないけど、あまりお勧めしない」などと武田さんがほかの方と話をしていて、内心焦っておりました。。。

キレイに剥けました!キレイに剥けました!

こちらは砕け散りましたこちらは砕け散りました

その後、剥いた固いカカオもガンガンに砕けるという武田さんおススメのミキサー「よめっこさん」(山本電気)で一気に粉状に。粉砕を続けているとカカオの油分が出てきて粘度が増してきました。

最初は挽いたコーヒ―のような見た目最初は挽いたコーヒ―のような見た目

粘度が出てきました。水分は一切加えておらず、カカオの油分のみ粘度が出てきました。水分は一切加えておらず、カカオの油分のみ

酸味のある香りが立ってきました。この後、砂糖を投入酸味のある香りが立ってきました。この後、砂糖を投入

ついにチョコレートっぽい見た目に!ついにチョコレートっぽい見た目に!

液状になったところで、型へ流し込み、冷やし固めます液状になったところで、型へ流し込み、冷やし固めます

固まるまでの間は、会場となったブラジル料理レストラン「カフェ・ド・セントロ」さんのポン・デ・ケージョやブラジルコロッケをいただきました!

ポン・デ・ケージョやコシーニャ、コロッケなどポン・デ・ケージョやコシーニャ、コロッケなど

出来上がりはこちら。
それぞれのテーブルで異なる配合のチョコレートをつくったので、120度で焙煎し、砂糖の量を調整することでカカオ70%、80%、90%にしたものと、130度で焙煎し、カカオ70%、80%にしたもの、計5種類ができました。

そして完成! 5種類の手作りチョコレートそして完成! 5種類の手作りチョコレート

個人的には130度で焙煎したものの方が酸味を感じました。そして、70%、80%はまだチョコレートっぽいのですが、90%ともなると、これはもう別物。
チョコではない何か(笑)でした。強いて言うなら、カカオです。。。
 
カカオからチョコレートを作るというめったにない機会を楽しみました!

2017/02/09 15:54 | 中南米関連 日本国内イベント


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.