ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2017年05月25日(木)

あれから23年。音速の貴公子アイルトン・セナの広場が完成 ~本日もブラジル日和

音速の貴公子と呼ばれたアイルトン・セナを憶えていますか? 5月1日はF1で活躍したブラジルの英雄、アイルトン・セナの命日でした。イタリアで行われていたF1グランプリの事故で亡くなってから今年で23年。F1の大ファンだったというわけではなかった多くの人々にとっても、セナの死は衝撃的なものだったのではないでしょうか。
 
ブラジルでは、もちろんサッカーが一番の人気スポーツですが、セナはペレやジーコといったブラジルを代表するサッカー選手と並ぶ偉大なスポーツ選手の一人とされているそうです。
 
そんな英雄セナは、サンパウロ出身。疾風のごとく人生を駆け抜けた彼も今は、市中心地から10kmほど離れた緑豊かなモルンビ墓地(Cemiterio do Morumbi)に静かに眠っています。
緑豊かなモルンビ墓地緑豊かなモルンビ墓地

サンパウロに来てから一度は行ってみたいと思っていたセナのお墓参り。ようやく命日に行くことができました。
 
世界的に有名なセナのお墓なので、かなり豪華なものを想像していましたが、お墓自体は他と同じで、プレートがあるのみ。しかし、命日にはファンが供えた色とりどりのお花や、写真、ヘルメット、F1マシンのプラモデルなどが飾られ、ひと際目立っていました。

色とりどりのお花に囲まれたセナのお墓。色とりどりのお花に囲まれたセナのお墓。

写真やヘルメットなどがファンの手によって飾られています。写真やヘルメットなどがファンの手によって飾られています。

セナが愛用していたような赤いレーシングスーツ姿でお墓参りにきていたファンも。23年という月日が経っても、多くの人に慕われているのですね。
 
お墓の近くのスーパーの壁には、こんなアートも。

付近のスーパーの壁に描かれたセナ。付近のスーパーの壁に描かれたセナ。

そして今年の5月1日は、新たなセナのモニュメントPraca Ayrton Senna do Brasil (アイルトン・セナ広場 in ブラジル)が完成しました。日本人駐在家族も多く住むパライゾエリアにあり、市民の憩いの場であるイビラプエラ公園からもすぐ近く。これなら、もっと多くの人がセナに会いにいくことができますね!

新しくできたアイルトン・セナ広場。新しくできたアイルトン・セナ広場。

1日のオープニングイベントには、セナの家族も参加したそうです。広場には、すぐ近くにあるセナの名を冠したTunel Ayrton Senna(アイルトン・セナ トンネル)の入口に1995年から設置されていたモニュメント” Velocidade, Alma e Emocao"(スピード、魂、感情)が移設され、さらに銅製のヘルメットのレプリカも置かれています。
 
また、セナが残した印象的な言葉もいくつか紹介されています。
例えばこちらは、「私の最大のモチベーションは勝利への欲望である。これが私の最大の強みだ。」という言葉。

セナの言葉が刻まれたプレートセナの言葉が刻まれたプレート

広場のまわりには、F1のチェッカーフラッグをモチーフにした旗が。

ブラジルカラーの緑と黄色、そしてヘルメットを模した旗。ブラジルカラーの緑と黄色、そしてヘルメットを模した旗。

広場には無料で入ることができます。モニュメントといくつか言葉が飾られているだけのシンプルな広場ですが、静かにセナに思いをはせることができます。
 
サンパウロには、セナの名前のついた道路もあり、今も多くの人々の心の中にセナが生きているように感じます。サンパウロにいらしたら、是非セナに会いにいってみてください!
R.I.P(Rest In Peace.安らかにお眠りください)。

<本日もブラジル日和 バックナンバー>
●ブラジル人にも大盛況!いよいよオープン「ジャパン・ハウス サンパウロ」

●ブラジルといえばやっぱりこれ!コーヒーのお話

●ブラジル土産第二弾!ちょっといいもの編

●身近なスイーツ、エッグタルト! 色濃く残るポルトガルの食文化


●一見の価値あり! 街なかのカーニバル「ブロッコ」&本場リオのカーニバル!


●世界の料理を満喫! アメリカンスクールのインターナショナルフェスティバル

●日本の魅力を発信! ジャパン・ハウス サンパウロ ただいま建設中!

●お休み大好きブラジル人。有給消化率100%!

●不思議なフルーツ「ジャボチカバ」

●誰でも病みつき間違いなし!? さとうきびのお酒、カシャーサ

●「Feliz Natal」ブラジルからメリークリスマス!

●進化する和食! IZAKAYAにTEMAKI!?


●学費は無料!? ブラジルの教育事情

●こんなことも、あんなことも!?縁の下の力持ち、ブラジルのお手伝いさん事情

●グルメ天国サンパウロ。レストラン・ウイークが始まりました

●サンパウロに春が来た! 美しいイペーの花、そしてクッピンとの闘い


 
 
 
 
 
 
執筆:Mimako
 
<プロフィール>
東京都出身、静岡育ち。大学卒業後、7年間出版社にて教育関連の教材や雑誌の編集に携わる。2004年長女の出産、夫のアメリカ転勤にともない退社ののち、テキサス州ヒューストンにて8年間、子育てに専念しつつ、地元の学校のボランティアや日本語の絵本の読み聞かせなどに関わる。2012年に帰国後、幼稚園児、小学生を対象とした英会話講師として活動後、2014年6月よりサンパウロ在住。サンパウロでは、ブラジルの歴史を学んだり、日本語を学ぶブラジル人に日本語を教えるボランティア活動などを行っている。

2017/05/25 14:42 | <連載>本日もブラジル日和


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.