ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2019年03月15日(金)

カラフルな街・サンパウロ ~ぶらパウラ

季節は着実に移り変わり、ちょっと前にサマータイムが終わりました。
この時期のサンパウロは、雨が長くふると20度近くまで下がり、日が出て暑くなると33度まで上がることがよくあります。
 
サマータイムが終了すると、家中の時計の時間を変えますが、忘れちゃならないのが、炊飯器。お弁当のためにタイマー機能を使うからです。
一方で、我が家では電子レンジの時計は変えません。なぜかというと、よく停電するので(気が付かない位の停電はよくあります)、時計を合わせても意味がないからです。
炊飯器はボタン電池なので、停電は関係なく、こちらは絶対安心です(笑) 

さて、この時期、街の中はカラフルな色で溢れます。
12月から1月には、前回在住していた12~3年前は高級果物として並んでいて、買うことのなかったライチが、庶民のフルーツとして店頭に並んでいます。ちなみに、今は国産のプラムが美味しい季節になり、こちらも鮮やかな色で店頭を賑やかせています。
 
街中には、夏の花サルスベリのピンクと白が鮮やかに咲いていました。今は、カエンボクの花が地面を彩っています。街路樹にあるコーヒーには、青い実がつきました。
日本ほどはっきりはしていませんが、季節の移り変わりを感じています。
 

街路樹のコーヒー。緑のお豆がつやつやです。街路樹のコーヒー。緑のお豆がつやつやです。

そんな中、ちょっと珍しい「集会」?に遭遇しました。
こちらの写真は、週末のイビラプエラ公園の近くにあるアイルトンセナ広場に集結したクラッシックカーの様子。暑い日でしたが、木陰にずらりと素敵なクラッシックカーが並んでいました。同じ趣味を持つ方々の集まりだったのでしょうか。
 

暑い天気の良い日、クラッシックカーがずらり!暑い天気の良い日、クラッシックカーがずらり!

ぴかぴかに磨かれて、黒光りしていました。ぴかぴかに磨かれて、黒光りしていました。

実は、サンパウロはこういった古い車が、現役で走っています。12~3年前は、古い、映画に出てくるような車が現役で今より、沢山走っていました。
 
一方で、見せるためのクラシックカーもあり、お金をかけて、きれいにしたものは黒いナンバープレートで走っているんですよ。クラッシックカーという認定を受けた上でのプレートなんでしょうね。
今はどちらかというと、趣味のためのクラッシックカーを見ることが多いです。
 
こんなカラフルさも楽しめるサンパウロです。
 

 
【バックナンバー】
◎ぶらパウラ バックナンバーはこちら

執筆:パウラ

 
<プロフィール>
港町出身、サンパウロ在住の二児の母。サンパウロ駐在は2回目ながら、ポルトガル語が一向にうまくならないことに自分の限界を感じつつ、それを認めたくない40代。国が違えばいろいろなことがありますが、ブラジルのいいところを見て、心に残しておきたいと思っています。 

2019/03/15 01:29 | <連載>ぶらパウラ


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.