ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2015年03月23日(月)

透明度抜群。ボニートの川はまるで水族館 〜サンパウロ便り〜

カーニバル休暇を利用して、パンタナールに続き、次なる目的地ボニートへ!

美しき大自然を楽しめるボニート

滞在していたパンタナールから車で3時間。
赤土の自然の中を走る道中、いろんな動物に遭遇しました。
牛はもちろん、ダチョウやアルマジロ、カピバラも。さすが、ブラジル。

車が来てものんびり歩いています車が来てものんびり歩いています

ようやくたどり着いた街、ボニート(Bonito)は、ポルトガル語で美しいという意味の土地。
ブラジル国内では人気の旅行先のひとつです。
この旅で、まさしくその自然の美しさを体感することができました。


ボニートの中心街は、こじんまりしていて、徒歩圏内にお土産屋さんやレストラン、スーパー、
旅行代理店などが並び、その周辺にホテルや、「ポウサダ(Pousada)」と呼ばれる
ペンションのような小さなホテルが集まっています。

街にはブラジルの国鳥トゥッカーノやワニの公衆電話が街にはブラジルの国鳥トゥッカーノやワニの公衆電話が

ボニートの魅力は、なんといっても、
自然を堪能できる、数多くのアクティビティがあること!
ただ、これらのアクティビティは、ツアーで参加するのが基本です。
ボニートは、自然環境保護のため立ち入りが管理されており、参加人数が制限されている場所などもあるからです。
 

私たちは、事前にネットでツアーを申し込んでいたので、
夕方、ボニートに到着後、ツアーの確認をしに行きました。
すると、翌日の午後に体験する予定だったラフティングが、雨で川が増水しているためキャンセルになったことを知らされました。
ボニートでのツアーは、天気に左右されるものが多いのですが、自然を体験するものですから、それも仕方がありません。代わりに、雨でも実行される別のツアーに申し込み、宿泊先のポウサダに向かいました。

夕食は街のレストランでピラニアのスープ! 美味しかったです夕食は街のレストランでピラニアのスープ! 美味しかったです

Aquario Natural(天然水族館)でのシュノーケリングと大自然のアスレチック


さて、次の日は、ボニートのツアーの中で有名なものの一つ、
「Aquario Natural(天然水族館)」へ。

ホテルから車で20分程。現地到着後、バウチャーを渡すと、それぞれの体に合ったウェットスーツ、シュノーケリングマスク、シューズを貸してくれるので、更衣室で着替えをします。
私たちの他に、外国人カップル2組が一緒に参加しました。

まずは、プールでシュノーケリングの説明&練習まずは、プールでシュノーケリングの説明&練習

自然を守るために足をつけてはいけない、手足をバタバタ大きく動かさない、などの説明があり、いよいよ川に向かいます。

ここから、ガイドさんとともに、約900mを40分程かけてシュノーケリングで進んでいきます。

途中、一度の休憩を挟み、そこからボートが一緒に進んでいきます。
疲れたときにはボートに乗ることもできますが、川の流れに身を任せていればよいので、
それほど疲れません。
驚く程に透明な水と、まさに、その名の通り天然水族館に泳ぐ魚たちを楽しむことができました。

 

この日は曇り空で途中、雨が降る天気。それでも、この透明度!この日は曇り空で途中、雨が降る天気。それでも、この透明度!

カメラマンが同行してくれるので、撮ってもらった写真はツアー後に受付で購入。
そのディスクには、この日の私たちの写真や動画の他に、ボニートの魚や動物たちの写真のデータも入っているので、いいお土産になりました!

青く澄んだ水の中に浮かんでいます!青く澄んだ水の中に浮かんでいます!

昼食後は、ちょっと休憩して午後のツアー、Arvorismoに移動。
全部で10人のグループに3人のガイドがついて、自然の中でアスレチックを体験しました。

命綱をつけているので安心ですが、ガイドさんがふざけて、わざと吊り橋をゆらしたり、
最後にドボンする川にはワニがいるかも!と脅してきたりするのがおもしろかったです。

夕食はワニの肉

ポウサダには夕食がついていないので、この日もボニートの街のレストランへ。

行ったのは「O Rei da Carne de Jacaré」。
「ワニ肉の王」という意味です。


ここには、ワニ、カピバラやカエルなど変わりネタがたくさん。
私たちはワニのフライを試してみましたが、言われなかったら鶏のささみと間違えてしまうくらい、食べやすかったです。
お試しあれ!

食べられるお肉がイラストで紹介食べられるお肉がイラストで紹介

見た目じゃワニだとはわかりません。食べてもわからないほど!見た目じゃワニだとはわかりません。食べてもわからないほど!

ボニートの醍醐味、シュノーケリング


さて、次の日は、Rio do Peixeの一日ツアーに参加です。
自然の中を歩いていきながら、滝つぼで泳いだり、川に飛び込んだり、ブラジルならではの動物と触れ合いました。

参加しているのはいろんな国からの旅行客でひとグループ20人程。
ガイドさんは、英語とポルトガル語で説明をしてくれました。

滝つぼへジャーンプ滝つぼへジャーンプ

ブラジルの鳥「アララ」と一緒に記念撮影。結構重たい!ブラジルの鳥「アララ」と一緒に記念撮影。結構重たい!

最終日は、Rio do Prataのツアーへ。
地元の旅行代理店のお兄さんも一押しのシュノーケリングスポットです。
朝8時の回に申し込んだので、6時半にホテルを出発。
渡された地図を頼りに車で1時間半かかりました。

このツアー。数あるボニートでのエコツアーの中では、街の中心から距離が遠く、行くまでが大変なツアーでしたが、その価値は十分ありました!
 

ツアーはひとグループ最大9名まで。前日のRio do Peixeで仲良くなったアルゼンチン人の家族と偶然同じグループで、また一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

ここも天然水族館と同じく、自然を守るために、蚊よけスプレーや日焼け止めの使用は禁止、足をつくのも限られた場所のみ、という徹底ぶり。
それも、この透明度をみれば納得です。

水中で記念撮影!透明度があるからバッチリ水中で記念撮影!透明度があるからバッチリ

このように1列になって進んでいきますこのように1列になって進んでいきます

事前に写真を見ていて、本当にこんなにきれいなのかなと疑っていましたが、まさしく、この写真そのものでした!

ここでは、水中カメラをレンタルし、ツアーの最後にデータをCDに入れてもらいました。
30ドルかかりますが、おすすめです。
 

天然水族館よりも、距離が長く、シュノーケリングの最中はボートの同行がないので6歳以下の子どもや体力に自信がない人には難しいツアーですが、泳ぎに自信がない人にはウェットスーツ、マスク、シューズの他に、ライフジャケットも貸してくれます。

また、泳ぐといっても、川の流れに身を任せていくので疲れることはありませんでしたし、ガイドさんとの相談で、一部ボートを利用したり、歩いて進む道を車での移動に変更したりなど、ある程度融通はきくようでした。

水の透明度、大小いろんな種類の魚たち、水が湧いているスポット、川の周りの木々にいる鳥や動物。
約3時間のツアーの中で、大自然を大・大満喫しましたが、問題が一つ。
最初に案内がありましたが、途中トイレがないことです。男性は水から上がった自然の中で済ませていましたが。。。
 

ツアー終了後、そこでブッフェのランチをいただき、車で3時間半、空港へ。
もちろん子どもたちは終止爆睡でした!
運転手の親は、ややツライ。。。
 

帰りの風景も素晴らしかったのですが、疲労が。。。帰りの風景も素晴らしかったのですが、疲労が。。。

私は今回、レンタカーを借りて行きましたが、
ボニートやパンタナールは空港から距離があり、個人での移動は長距離運転で大変でした。
各ツアーへの参加も、ホテルから自力移動でしたので、時間に限りのある日本からの旅行は、事前に送迎付きでツアーなど手配をした方が楽で安心かもしれません。
 

ブラジルにはイグアスの滝など、押さえておきたい観光地がたくさんありますが、お越しの際は、このボニートもぜひ!
心からオススメする場所の一つです!!!


 


執筆:coco

<プロフィール>
静岡県出身。2度の出産後、ヨガのインストラクターとして、主に産前産後の女性を対象に、ココロとカラダのセルフケア のレッスンを自主開催し、行政の講座なども担当。
その他、富士・富士宮の母たちによる市民活動「母力向上委員会」を立ち上げ、副代表として運営。
2013年からは、「一般社団法人ドリームマップ普及教会」の理事となり、夢をカタチにして伝えるツール、ドリームマップの普及に携わる一方、 2014年には 「coco kara labo」を立ち上げ、0歳から20歳までの子どもの成長の記録と、親 の想いをカタチにして残し、伝える「たすき帖」を開発し販売。
2014年春から、ブラジル・サンパウロ在住

2015/03/23 15:08 | ブラジル情報


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.