ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2017年03月17日(金)

ブエノスアイレス帰りの赤い丸ノ内線が、地下鉄90周年イベントでお披露目!?

photo by n i ƒphoto by n i ƒ

かつて、アルゼンチン・ブエノスアイレスには、日本の地下鉄・丸ノ内線が走っていたのをご存知ですか?
 
日本で役目を終えた、赤い車両の500形・丸ノ内線がアルゼンチンに渡ったのは1995年~1996年にかけてのこと。状態が良かったことから、線路幅や電力の供給方法が同じだったブエノスアイレスの地下鉄(スブテ)に131両が譲渡されました。ブエノスアイレスでは、地下鉄B線で活躍。遠い南米の地で、日本の丸ノ内線に乗れると、鉄道好きの間ではよく知られていました。

photo by galiophoto by galio

2008年撮影の車内 photo by Pablo BD2008年撮影の車内 photo by Pablo BD

その丸ノ内線もさすがに老朽化し、地下鉄B線でも新しい車両への交代が進みました。そこで歴史的に価値が高い車両を呼び戻すプロジェクトが発足し、2016年7月に4両が日本に帰国を果たしました。この時にも報道がされたので記憶があるかたもいらっしゃるのでは?

戻ってきたときは、車両いっぱいに落書きがされていたりと、ブエノスアイレスらしい点もあった車両たち。帰国後は、中野車両基地で動態保存に向けた作業が行われ、3月半ばの深夜、新木場へと陸送される姿が目撃され、話題となりました。
 
修繕された車両は、2017年12月に行われる「地下鉄90周年」のイベントでお披露目が計画されているとのこと。楽しみですね。

なお、ブエノスアイレスでは、丸ノ内線車両ではありませんが廃止された車両が販売に出され、そのうちの1つは、ウシュアイアでオープンするハードロックカフェにて利用されるそうです。
乗客を乗せて走行する役目は終えても、まだまださまざまな場所で、その余生を送る電車たち。1台でも多く、廃棄されない道があるといいですね。

Photo by ni f
Photo by galio
Photo by Pablo BD

 

2017/03/17 11:40 | 中南米関連 日本国内イベント


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.