ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2017年05月11日(木)

ブラジル人にも大盛況!いよいよオープン「ジャパン・ハウス サンパウロ」~本日もブラジル日和

2017年4月30日(日)、「ジャパン・ハウス サンパウロ」が、パウリスタ通りにオープンしました。この日は招待客と関係者のみの開館式が行われ、ブラジルからはテメル大統領、日本からは麻生副総理兼財務大臣が参加しました。
 
そして5月6日(土)。いよいよ一般公開スタートです。10時の開館に遅れること2時間余り、お昼過ぎにのんびり様子を見に行ってみたところ、なんと長蛇の列。1~2時間待ちとのことでした。
オープン初日 長蛇の列で大賑わいオープン初日 長蛇の列で大賑わい

シンプルなロゴデザインが目を引きますシンプルなロゴデザインが目を引きます

入場無料とはいえ、ここまで一般のブラジル人の方が興味を持っていたとは予想もしていなかったので、長蛇の列にも嬉しい悲鳴!
行列に並ぶ顔ぶれをみると、日本人、日系人らしき方のみならず、子どもからお年寄りまで、いろんな人種の方がいらっしゃいました!うれしいですね。

入り口前には、竹のオブジェ入り口前には、竹のオブジェ

「ジャパン・ハウス サンパウロ」の外観は以前ご紹介したとおり、木材を使った地獄組みで飾られており、入口のオブジェはまさにベストマッチでした。
 
早速、中の様子をご紹介!
「日本らしいイメージ」というと、サムライ、着物、歌舞伎といったものを想像しがちですが、「ジャパン・ハウス サンパウロ」は素材は木や紙などの天然のものを生かしながらも、全体のデザインはシンプルでモダン。まさに現代の日本をアピールしているようです。
 
一階は広々とした展示スペース。オープニングの特別展示のテーマは「竹」ということで、繊細ながらも迫力のあるオブジェが目を引きます。5千本もの竹ひごを組み込んで作られているとのこと。

竹芸家の名工 第四代 田邊竹雲斎による作品竹芸家の名工 第四代 田邊竹雲斎による作品


風呂敷の展示もありました。モダンなデザインで、ファッショナブルにアレンジされています。

風呂敷を使った袋など。販売もされています風呂敷を使った袋など。販売もされています

2階、3階と上がっていくと、カフェや日本の書籍を置いているところもありました。さらには、サンパウロで活躍する和食の日系人シェフJUN SAKAMOTO氏のレストラン「JUNJI SAKAMOTO」も。
オープン初日は大盛況で、ゆっくりお茶とレストランというわけにはいきませんでしたが、少し落ち着いたら、ランチやお茶に是非行ってみたいと思います!
 

レストランJUNJI SAKAMOTO店内の様子レストランJUNJI SAKAMOTO店内の様子

スイーツとパンのメニュースイーツとパンのメニュー

さて、JAPAN HOUSEのオープニングイベントとして、翌5月7日(日)には、サンパウロ市民の憩いの場、イビラプエラ公園において、日本から坂本龍一氏、三宅純氏という日本を代表する世界的なアーティスト二人による、無料屋外コンサートが開かれました。

野外劇場で、いよいよコンサート開始野外劇場で、いよいよコンサート開始

坂本氏は、ブラジルの有名な音楽家である、亡きアントニオ・カルロス・ド・ジョビン氏を敬愛しているそう。また、三宅氏もリオ五輪の閉会式の際の「君が代」のアレンジをされた方だそうで、どちらもブラジルと関わりの深いアーティストなんですね。
 
夕闇にそまり始めた午後6時、いよいよ開演。曇り空の中から次第に星と月が現れ、約1万5千人の観客が、芝生に思い思いに腰を下ろし、ワインやビールを楽しみながら、幻想的な音楽の世界に酔いしれました。
 
坂本氏のピアノソロによる「戦場のメリークリスマス」は、この夜のハイライト。最後にはスタンディングオベーションで、感動を分かちあいました。
 
「ジャパン・ハウス サンパウロ」のオープンもコンサートも、日本のよさを改めて感じ、日本人として誇らしく思う素敵なイベントでした。そして何より、多くのブラジル人が関心を持ってくれていることが嬉しいですね。

「ジャパン・ハウス サンパウロ」は、これからが本格始動。新たな日本の魅力を発信し続けてほしいと思います!

■ジャパン・ハウス サンパウロ
Av. Paulista 52 - 2° andar - Bela Vista
開館時間:火~土曜 10:00~22:00/日・祝日 10:00~18:00
休館日 :月曜日
 
<参考>
外務省 ジャパン・ハウス

<こんな記事もあります:関連記事>
 
 

<本日もブラジル日和 バックナンバー>
●ブラジルといえばやっぱりこれ!コーヒーのお話

●ブラジル土産第二弾!ちょっといいもの編

●身近なスイーツ、エッグタルト! 色濃く残るポルトガルの食文化


●一見の価値あり! 街なかのカーニバル「ブロッコ」&本場リオのカーニバル!


●世界の料理を満喫! アメリカンスクールのインターナショナルフェスティバル

●日本の魅力を発信! ジャパン・ハウス サンパウロ ただいま建設中!

●お休み大好きブラジル人。有給消化率100%!

●不思議なフルーツ「ジャボチカバ」

●誰でも病みつき間違いなし!? さとうきびのお酒、カシャーサ

●「Feliz Natal」ブラジルからメリークリスマス!

●進化する和食! IZAKAYAにTEMAKI!?


●学費は無料!? ブラジルの教育事情

●こんなことも、あんなことも!?縁の下の力持ち、ブラジルのお手伝いさん事情

●グルメ天国サンパウロ。レストラン・ウイークが始まりました

●サンパウロに春が来た! 美しいイペーの花、そしてクッピンとの闘い


 
 
 
 
 
 
執筆:Mimako
 
<プロフィール>
東京都出身、静岡育ち。大学卒業後、7年間出版社にて教育関連の教材や雑誌の編集に携わる。2004年長女の出産、夫のアメリカ転勤にともない退社ののち、テキサス州ヒューストンにて8年間、子育てに専念しつつ、地元の学校のボランティアや日本語の絵本の読み聞かせなどに関わる。2012年に帰国後、幼稚園児、小学生を対象とした英会話講師として活動後、2014年6月よりサンパウロ在住。サンパウロでは、ブラジルの歴史を学んだり、日本語を学ぶブラジル人に日本語を教えるボランティア活動などを行っている。

2017/05/11 11:06 | <連載>本日もブラジル日和


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.