社長・島耕作も行った高級シュラスカリア、ポルカォン・リオス(Porcão Rio's)をご紹介

社長・島耕作、ブラジルへ行く☆

『社長・島耕作』ブラジル編   (モーニング52号表紙)     フェジョアーダ食べてます♪

講談社が発行するモーニングで連載中の「社長・島耕作」ブラジル編が11月24日発売号よりスタート致しましたが、第一回目(モーニング52号)ではアメリカン航空(AA)と見事にタイアップされた内容で、島耕作がAAでアメリカ・ニューヨーク経由でブラジル・リオ・デ・ジャネイロへ向かうシーンから始まり、AAのファーストクラスのシートや機内食のほか、JFK空港のAAラウンジの様子などが忠実に描かれておりました。
また、アメリカン航空はこのタイアップを記念し、2012年1月1日から3月31日まで、日本/ブラジル間の往復航空券を10万円の特別価格で提供するなど(ご購入期間: 
20111231日まで)、面白い企画も。http://www.americanairlines.jp/intl/jp/specialOffers/fareSale3.jsp

さてさて、第二回目の連載(モーニング2・3合併号/12月8日発売号)は、リオデジャネイロ国際空港に到着した社長・島と秘書の南村さんを防弾ガラスと鉄板入りの車が出迎えるシーンから始まります。
車で移動し、リオデジャネイロの2大観光スポット、コルコバードの丘とパォン・ジ・アスーカルが紹介されております。
そしてランチはブラジル名物料理シュラスコ(Churrasco)を堪能。
そこで今日は社長・島耕作も行かれたシュラスカリア、フラメンゴ海岸を望むポルカォン・リオス(Porcão Rio's)をご案内します。

PORCAO RIO'Sのエントランス

素敵なエントランス

高級感溢れる広いエントランス

まさにレッドカーペットを歩く気分です♪


色とりどりのサラダ、充実した盛り付け

一口サイズのオシャレなシーフードたち。どれを取ろうか迷っちゃいますね

お寿司やお刺身も並びます♪


お皿に盛り付ける楽しみ♪

まずはお野菜やパウミット(ヤシの新芽)を。(一皿目)
二皿目ももちろん。
だから、綺麗に盛り付けしましょう♪
お替わりする楽しみはbuffetならでは、ですよね。

お肉は好きな部分を好きなだけ

もちろん、お肉も次から次へとまわってきます♪
いろんな部位がありますので、少しずつ美味しい部分だけ食べていきましょう。全部食べなくてもいいんです、冷めちゃったり、お口に合わなければ、残しましょう。それもまたブラジル流。


お肉が欲しければ、”Sim, por favor” (はい、下さい) 
信号で云えば、緑信号です。
緑ならばComer(食べます)、赤ならばNao,Comer(食べません)。
コレをうまく使い分けましょう。
お肉を食べる前にサラダやフードを食べ過ぎてしまうと、
お腹いっぱいになってしまいます。だから、スタートするタイミングも肝心。
そして、ずーっと緑にしていると・・・・、
お皿が肉の山になってしまいます!
”さぁ、帰りますか”って時に食べ過ぎで立てなかったって方もいるんですよ。要注意です☠

もうお腹いっぱいの場合は”Nao,Obrigado”(いいえ、結構です。)
でも、終わりではありません。お皿が肉の山になりつつあったら、
”ちょっと待って!” ”ちょっと一休憩”
そんな場合には緑信号をひっくり返して赤信号にしましょう。
この間に、お肉のリクエストを考えたり、サラダやフェジョアーダを取りに行くのも良いでしょう。無論食べているだけじゃなく、お友達との会話も楽しみたいですしね。大事な商談や会議をこちらでやる場合は、赤信号ベースで、一番人気の”ピッカーニャ(イチボ)”がテーブルに来たら、緑信号にして呼び止めたり、リクエストしたりする方がいいかも知れませんね。


ブラジルのピンガ(さとうきびの蒸留酒)を使った国民的カクテル、”カイピリーニャ”をテーブルの真横で作ってくれます。(ドリンクは別料金となります)

お好きなフルーツとお好きな銘柄のカシャサであなただけのカイピリーニャを♪
オーソドックスなライムで召し上がるもよし、マラクジャ(パッションフルーツ)やマンガ(マンゴ)やゴイアーバ(グアバ)、モランゴ(イチゴ)他トロピカルなカイピリーニャを試すもよし☆

別腹もいっちゃいましょう♪SOBREMESA!!
デザートも沢山の種類から選べます。(別腹は別料金です)
ちなみに私は、無類のキンヂン好きなので、キンヂン(卵黄とココナツたっぷりのプリンのようなもの)を選びました。
マラクジャのムースやクレム・ジ・ママン、マンジャ・ジ・ココなどもありますよ!


このポルカォンは最高のシュラスコ最高のロケーションで知られる名店です。
ポルカォンは大きな豚"の意味、たしかに豚になるほどの美味しさです。
と、実は少し前に弊社リオ支店のスタッフブログでも紹介しました。
 
●料金:
シュラスコ+サラダ・バー食べ放題 大人料金:97レアル(約4850円)*2011年12月現在
お子様料金:5歳までは無料、6歳から11歳までは大人の半額料金
70歳以上のお客様は20%OFF

●営業時間:
月曜〜木曜 12h〜0h
金曜〜土曜 12h〜0h30
日曜・祝日 12h〜23h

●住所:
Av. Infante Dom Henrique, S/N, Aterro do Flamengo Rio de Janeiro ,RJ
タクシーでのアクセスをお勧め致します。
●電話:
(21)3461-9020
 
さて、“社長・島耕作も行かれたリオデジャネイロのシュラスカリア”を紹介致しましたが、、いかがでしたでしょうか。
実は私も今年5月にこのシュラスコレストランを訪れたのですが、味もサービスも本当に大満足な内容でした。掲載した写真は5月にお店に許可をいただき撮影したものです。

“社長・島耕作”-ブラジル編- 、“ブラジル進出する日本企業の今”、
“進化するブラジル経済市場” を如実に表現しており、実に興味深い内容となっております。
社長・島のTECOT(テコット)社はどうブラジル市場に参入していくか、日本が遅れを取る韓国企業に太刀打ちできるのか、、
ブラジルを舞台に今後の展開に目が離せません!

また秘書・南村さんの恋(?)の行方にも注目ですね。

(記事:ミナガワ /ウニベルスタッフ)


社長・島耕作スペシャルサイト http://shimakosaku.net/


関連ブログ:シュハスコで、ポルトガル語でお肉の部位を注文!
 http://univer.net/index.php?p=&d=staffblog&c=&type=article&art_id=114

ウニベルツールのリオデジャネイロ現地発着ツアー
 http://www.univer.net/local-tour/brazil/riodejaneiro.html

(レストランを“ポルカォン・リオス”でご指定される場合はお問い合わせください。)


ポルカォン・リオス(Porcão Rio's)ホームページ(ポ語)
➠ http://www.porcao.com.br/porcaoSite/home/home.php

 
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.