新着ニュース

2017年9月19日
【続報3・キューバ】ヘミングウェイ博物館の再オープンは未定。現地の治安や衛生状況は問題ありません。

ハリケーン「イルマ」が上陸したキューバの状況について、治安の悪化や、衛生状況の悪化による感染症の拡大懸念に関する報道がなされましたが、現地から「そういったトラブルは確認されていない」との報告がありました。
 
また、9月12日のニュースでヘミングウェイ博物館のオープンは9月18日の週とお伝えしましたが、清掃作業が続いているとのことで、9月19日現在、再オープンの日程が発表されていません。ユネスコの世界遺産に登録されている古都トリニダー市内にある博物館(革命博物館など)は通常通りの観光が可能です。なお、トリニダ―にあるアンコン・ホテルは清掃中のため現在クローズしています。
 
そのほか、現在クローズ中のホテルや、営業再開予定がわかっているホテルは、下記の【続報2】にてご案内していますので、あわせてご確認ください。オープン中のホテルにつきましては、【続報1】をご覧ください。

2017年9月14日
【続報2・キューバ】ハリケーン「イルマ」通過後のホテル再オープン・クローズ状況

9月14日(日本時間)時点での、キューバの観光状況について、現地より追加の情報がありました。
 
ハリケーン「イルマ」の影響を受けたバラデロでは、いくつかのホテルがクローズとなっていますが、多くが数日~1週間ほどで再オープンのめどが立っています。
 
下記に、現在クローズ中のホテルで営業再開予定がわかっているホテルをご案内します。オープン中のホテルにつきましては、下部にある「続報1」をご覧ください。
 
■ホテル
<ハバナ>
◎9月14日より営業再開予定
ホテル ドゥービル(HOTEL DEAUVILLE)
 
◎9月15日より営業再開予定
プレジデンテ(HOTEL PRESIDENTE)
 
◎9月18日より営業再開予定
リビエラ(HOTEL RIVIERA)
 
※ナシオナル・デ・クーバ(HOTEL NACIONAL DE CUBA)は、通常通り営業しています。
 
<ハバナ・旧市街>
◎クローズ中
テラール(TERRAL)
 
※旧市街のホテルは、テラール以外は通常通り営業しています。
 
<バラデロ>
◎9月14日までに通常営業へ
ソル・シリーナス・コラールリゾート(SOL SIRENAS CORAL)メリア・ラス・アメリカス(MELIA LAS AMERICAS)、メリア・バラデロ(MELIA VARADERO)、ソル パルメラス(SOL PALMERAS)、メリア・ラス・アンティアラス(MELIA LAS ANTILLAS)、メリア・マリーナ・バラデロ(MELIA MARINA VARADERO)
 
◎9月16日より営業再開予定
カワマ(KAWAMA)、ヴィラ・トルツガ(VILLA TORTUGA)、クアトロ・マルマス(CUATRO PALMAS) 
 
◎9月20日より営業再開予定
トゥルケーサ(TURQUESA)
 
◎9月27日より営業再開予定
サン・ビーチ(SUN BEACH)
 
◎11月30日までクローズ
パラダイス・バラデロ(PARADISUS VARADERO)、メリア・ペニンシュラ・バラデロ(MELIA PENINSULA VARADERO)
 
※その他のホテルに関しましては、基本的に営業しています。
なお、ホテルにより、空調が使えないなどの報告もありますが、至急対応しており、週末までには修理が終了される見込みです。
 
<シエンフエゴス>
ハグア・ホテル(JAGUA)は通常通り営業しています。
 
<バラコア、オルギン>
通常どおり営業しています。

2017年9月13日
【続報1・キューバ】ハリケーン「イルマ」通過後の状況

昨日に引き続き、日本時間9月13日時点での、ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの状況をお知らせします。
 
■ハバナ空港
9月12日12時(ハバナ時間)より再オープンし、アエロメヒコ航空便などが通常通り運航されています。
しかしながら、クローズ期間中に振り替えた出発待ちのお客様などで、数日間は空港が混雑することが予想されます。
 
 
■バラデロ空港
9月11日より再オープンしています。
 
■ホテル
<ハバナ>
現地スタッフが各主要ホテルの現状をチェックしたところ、メリアコイーバ、ベダドホテル、旧市街の主なホテルは正常に運営しておりました。
また、メモリーズミラマール、スターフィッシュ モンテハバナも通常通り営業しています。
 
<バラデロ>
ホテルにより状況が異なっていますが、各ホテルとも清掃や修理を急いで行っており、今週末頃から通常通りの営業が可能となる見込みです。
 
通常営業:メリア・ラス・アメリカス、メリア・バラデロ、イベロスター・バラデロ
休業中:メモリーズ、グランメモリーズバラデロ(ともに停電中)
 
■市内観光
旧市街、コヒマルの観光箇所は問題なく歩ける状況です。
ラム酒博物館や革命博物館などは明日から、ヘミングウェイ博物館は来週から営業再開予定です。
 
■レストラン等
旧市街のレストラン(ボデギータ、フロリディータ、テンプレーテ)、コヒマルのラ・テラサは営業しています。
ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの様子1
ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの様子2

ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの様子3
ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの様子4
ハリケーン「イルマ」通過後のキューバの様子5


2017年9月12日
【キューバ】ハリケーン「イルマ」通過後の状況

カリブ海で発生し、アメリカ南部やキューバなどカリブ海諸国を直撃した大型ハリケーン「イルマ(IRMA)」が12日、熱帯低気圧に変わりました。キューバでも首都ハバナが浸水するなど大きな被害がでました。
上陸から2日経った、現在のキューバの情報が現地から届きましたのでお知らせいたします。
 
■ハバナ空港
クローズとなっていたハバナ空港は、9月12日12時(ハバナ時間)より再オープンとなりました。
国内線/国際線共に運航/受け入れ再開となっています。
 
■バラデロ空港
9月11日より再オープンしています。
 
■ホテル
パノラマ(PANORAMA)、マンザナ・ケンピンスキー(MANZANA KEMPINSKY)などからは、通常営業の報告が届いています。
その他のホテルも現在確認中ですが、現時点ではほとんどのホテルが通常通りの営業を行っているとの報告が入っております。
 
■市内観光ツアー
現在、観光箇所の営業状況を確認しています。町中での電信柱や木などが倒れた影響で、通常通りの催行が数日間できない場合がございます。引き続き、情報が入り次第、ご報告いたします。
 
 
現地からは、「キューバでは完全なる復旧に向けて、市民や政府がともに頑張っております」との言葉が届いていますが、現在、キューバにご滞在中の方、また近日中にキューバ入りをご予定の方は、引き続き最新情報に十分ご注意ください。
南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.