うにべるおもしろ観光情報

泳ぐ豚さんがいるバハマの無人島でほんわりタイム
アマゾン河でドルフィン・ウォッチング!ピンクイルカと触れ合い心癒される旅
世界一楽しいマラソン!?
空から空へ降り注ぐ滝 ギアナ高地 エンジェルの滝へ
野生のコンドルが舞う ペルー・コルカ渓谷 コンドルの谷
空と大地がつながる 雨期のウユニ塩湖
透き通った海と奇岩 フェルナンド・ジ・ノローニャ
世界遺産三昧!マヤ遺跡が眠る国 グアテマラ
信じがたいほどの真っ白な砂 レンソイス大砂丘
古代ブラジルを堪能 恐竜の足跡化石ソウザ
神秘・青の湖の洞窟 驚異の透明度を誇るボニート
アマゾンの大祭典 ボイ・ブンバ
幻の猿と水没アマゾン マミラウア自然保護区
世界遺産三昧!マヤ遺跡が眠る国グアテマラ
  グアテマラツアーはこちら

マヤ最大の遺跡「ティカル遺跡」 先住民も数多くいる
グアテマラって?
グアテマラといえばコーヒーぐらいしか思い浮かばない方も多いのでは?
ところが、北海道と九州を併せたほどの小さな国グアテマラには魅力が一杯詰まっています。

ティカル遺跡に代表されるマヤ文明の遺跡の数々。中米のポンペイと呼ばれる、ユネスコの世界遺産に指定されたコロニアル様式の美しい街アンティグア。インディヘナと呼ばれる先住民のメルカド(市場)、カリブ海に面したリゾート地、「グアテマラレインボー」と呼ばれる色彩りどりの民族衣装など、見どころ満載です。

緯度的にはインドのマドラスやアフリカのダカールと同じ緯度に位置していますが、首都グアテマラ・シティやアンティグアなど標高が1,500mあるため、年中春の気候で「常春の国」と呼ばれています。

スペインコロニアル遺跡が残る古都アンティグア
スペインコロニアル遺跡が残る古都アンティグア
街そのものが博物館 古都アンティグア
目の前には在留邦人よりグアテマラ富士と呼ばれているアグア火山、右手にフエゴ、アカテナンゴ火山を望むスペインコロニアル遺跡の街アンティグアは、1979年にユネスコにより世界自然文化遺産に指定されています。

1543年からメキシコ南部よりパナマまで統括する中米総督府の都が置かれ、1773年の大地震が起きるまでの230年間に亘って「中米のポンペイ」と称されるほど、街は繁栄していました。

ホテル カサ松本の外観
ホテル カサ松本の外観
現在では、地震によって崩れた教会遺跡がそのまま残されており、街そのものが博物館のような佇まいを残しています。小高い十字架の丘からアンティグアの街を一望すると、当時の繁栄に思いを馳せることができます。


また、復活祭をめぐるお祭りとして中米の中でも有名なのが、ここアンティグアのセマナサンタ(聖週間)。この時期のアンティグアはさらに美しさを増します。

→ セマナサンタ(聖週間)についてはこちら

インディヘナ(先住民族)のメルカド(市場)で出会える色鮮やかなグアテマラレインボー
色鮮やかな民族衣装をまとう先住民の子ども
色鮮やかなグアテマラレインボー
先住民の市場でショッピング

チチカステナンゴでは、毎週木曜日と日曜日に周辺の村々から多くのインディヘナ(先住民族)達が集まり、市(メルカド)が開かれます。
周辺に住むキチェ族だけでなく、遠くはカクチケル族、イシル族など、それぞれ地方によって異なる色鮮やかな民族衣装を身に纏ってメルカドにやってきます。

トルティージャを固めるための石灰を売るおじさん
トルティージャを固めるための石灰を売るおじさん
メルカドでは買い物だけでなく、グアテマラレインボーと呼ばれる色彩豊かな民族衣装を見ることができるのが魅力。また、市場で売っている種類豊富な野菜・果物、民芸品(織物、木彫りの仮面、衣装)など、各露店をひやかして歩くのも楽しみのひとつです。

グアテマラでは、主食のパン(トルティージャ)を練る際、固めやすくするために石灰を入れるというおもしろい習慣も残っているため、メルカドの中には石灰を売っているお店もあります。

3つの火山に囲まれたアティトラン湖
3つの火山に囲まれたアティトラン湖
素朴な笑顔にも出会える先住民の村々
アティトラン湖は3つの火山に囲まれたカルデラ湖。
「世界一美しい湖」と称されているアティトラン湖周辺には、13のインディヘナの村々が点在しています。
真っ青の衣装が美しいサンタ・カタリーナ・パロポ村、刺繍の美しいサンチアゴ・アティトランの村々をボートに乗って訪れることもできます。

サンチアゴ・アティトランでは土着信仰のマシモン神という神様が祀られており、マシモン神の好きな煙草やお酒のお供えものを持った先住民が祈りを捧げている姿を垣間見ることができます。子供達の素朴な笑顔にも出会えます。

絶景に立つ宿 ポサダ・デ・キリグア ポサダ・デ・キリグアの室内(一例)
「絶景に立つ宿」として紹介されたポサダ・デ・キリグア 清潔で可愛らしい室内
(一例)
自然に囲まれた絶景の宿
グアテマラの日本人宿

2005年6月にオープンしたばかりの日本人女性経営の快適な宿「ポサダ・デ・キリグア」。 バナナ農園や深緑に囲まれた小高い丘に立つ宿は、旅の疲れを癒してくれるほど、のんびりとした、自然いっぱいの隠れた魅力を持つ宿です。宿までの道を歩いていると、子供達が「オラ!」と元気よく、笑顔で挨拶してくれます。

2006年3月末にTV東京で放映された「世界遺産・絶景に立つ宿スペシャル」で紹介され、俳優の宇梶剛士さんも宿泊されました。
なお、この宿では、カカオからのチョコレート作りも体験※できます。
※オプショナルとなります

マヤ最大の遺跡「ティカル遺跡」
マヤ最大の遺跡「ティカル遺跡」
マヤ遺跡の宝庫グアテマラ
ティカル遺跡とキリグア遺跡

◎ティカル遺跡
ジャングルに忽然と現れるマヤ最大の遺跡「ティカル遺跡」は、紀元前300年から紀元800年頃までの間に約4,000もの建造物が建てられました。
マヤ最大規模を誇る遺跡として知られ、ユネスコの世界複合遺産に指定されています。
一面に広がるティカルの樹海
一面に広がるティカルの樹海
おすすめは4号神殿。ここからの緑の樹海はまさに圧巻です。また「失われた世界」と呼ばれる神殿からの夕日も必見です。

ティカル遺跡内にあるジャングル・ロッジに宿泊すると、夕日や朝日も楽しむことができます。周辺にはワシャクトゥン遺跡、セイバル遺跡、ヤシャ遺跡、アグアカタン遺跡など、多くのマヤ遺跡が眠っています。

キリグア遺跡の見事な彫刻が施されたステラ(石柱)
見事な彫刻のステラ(石柱)
◎キリグア遺跡
コパン遺跡の衛星都市として建造された町で、ユネスコの世界遺産に指定されています。
キリグアの王カクティリック王は、征服者であったコパンの「18ウサギ王」を捕らえ、このキリグアで処刑しました。
古代文明で最も高い11.7mのステラ(石碑)Eや獣形祭壇には、精巧なマヤ文字や歴代の王のレリーフが見られ、ティカル遺跡とは違った魅力を持つ遺跡です。

旅行記

※グアテマラに行かれたK様から旅行のご感想をいただきました。

ウユニ、ベネズエラ(エンジェルの滝)、グアテマラに行ってきました。
 

ガテマラのマヤ文明・ティカル遺跡では、日本人女性のガイドの方に大変多くのことを教えていただきました。その方は、なんと54歳からグアテマラに渡航し、現在64歳。スペイン語を学び、織物の研究をする傍ら、ガイドをする。相当な知識を手に入れなければならないのにそれをやってのけている。その年とは到底思えない若さみなぎる素晴らしい日本人女性の生き方に出会え、感動しました。

グアテマラ アンティグア 後ろに見えるのがアグア火山(通称・グアテマラ富士)

グアテマラ アンティグア 後ろに見えるのがアグア火山(通称・グアテマラ富士)

その上、この旅では凄いサプライズが続々と起こりました。
マヤのティカル遺跡ではグアテマラ大統領の訪問に偶然出会い、「日本」と言って4人とも握手も求められました。日本人で良かった一瞬でした。
 

アンテイグアは古い都できれいな街並みでした。
写真の奥に見えるアグア火山(グアテマラ富士)も大きな存在感を見せています。



  グアテマラツアーはこちら

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.