うにべるおもしろ観光情報

泳ぐ豚さんがいるバハマの無人島でほんわりタイム
アマゾン河でドルフィン・ウォッチング!ピンクイルカと触れ合い心癒される旅
世界一楽しいマラソン!?
空から空へ降り注ぐ滝 ギアナ高地 エンジェルの滝へ
野生のコンドルが舞う ペルー・コルカ渓谷 コンドルの谷
空と大地がつながる 雨期のウユニ塩湖
透き通った海と奇岩 フェルナンド・ジ・ノローニャ
世界遺産三昧!マヤ遺跡が眠る国 グアテマラ
信じがたいほどの真っ白な砂 レンソイス大砂丘
古代ブラジルを堪能 恐竜の足跡化石ソウザ
神秘・青の湖の洞窟 驚異の透明度を誇るボニート
アマゾンの大祭典 ボイ・ブンバ
幻の猿と水没アマゾン マミラウア自然保護区
信じがたいほど真っ白な砂 レンソイス大砂丘 〜レンソイス・マラニャンセス国立公園〜

■レンソイス・マラニャンセス国立公園

ブラジル・レンソイスの位置(地図)

ブラジル・マラニョン州にあるレンソイス大砂丘(レンソイス・マラニャンセス国立公園)は、地球にはまだ手つかずの美しい自然があると気づかされる神秘的な場所です。

レンソイスとは、ポルトガル語でシーツの意味。シーツを広げたかのように一面に真っ白な砂漠が続く、知る人ぞ知る砂丘です。

なぜこれほどまでに、真っ白なのでしょうか。 白い砂の正体は水晶の成分である石英です。不純物が混ざらず石英の粒のみで作られた砂丘は、長い年月経て研磨され、光を反射して白く輝いているのです。


真っ白な砂丘が広がるレンソイス。レンソイス大砂丘では雨季になると湖が姿を現す
雨季に現れる湖には、いつのまにか魚が・・・雪のように続く白い砂丘と青空のコントラスト、そして雨季(1〜6月)になると出現するいくつもの湖(ラゴーア)。湖にはいつの間にか魚が泳ぎ始め、短い一生を過ごします。

2004年、テレビで紹介されて一躍注目を浴びた白砂漠ですが、辿り着くには空路・陸路を活用して何時間も移動する、やはり秘境と呼べる場所でしょう。

■世界遺産の街サンルイスから、レンソイスの玄関口・バヘリーニャスへ

世界遺産に登録されているサン・ルイスレンソイスに行くには、世界遺産に登録されている歴史地区サン・ルイスに渡ります。そこから、陸路で数時間をかけ、レンソイス観光の玄関口バヘリーニャスへと移動します。

サン・ルイス市内には、ポルトガルタイルの外壁の建物やカラフルな建物など、ポルトガル統治時代の建造物が残ります。天気がいいと、色彩豊かな建造物の多い歴史地区の美しさは格別です。
できれば、サン・ルイス観光の時間もスケジュールに入れていただきたいところです。

そして、サン・ルイスからバヘリーニャスまでは、途中の休憩を入れて片道約4時間。かなりの距離になります。
レンソイスまでは、さらに4WDに乗りかえて、ガタガタ道の悪路を1時間半あまり揺られての旅となります。

移動だけで半日かかってしまうため、サン・ルイス発着のレンソイス日帰り観光も可能ですが、バヘリーニャス泊ツアーがおすすめです。
レンソイス・マラニャンセスは、天気次第で見え方が異なり、1日だけではもったいないですし、砂丘に沈む夕日を見ていただきたい。それなら、バヘリーニャス泊です。

なお、レンソイスのベストシーズンは雨季の後半から明けたのち、湖が残る5〜9月となります。
2011年4月にウニベルツールスタッフがレンソイスに訪れた際の様子をブログと動画で紹介しています。
サンルイスやバヘリーニャスまでの道のりなど、雰囲気がわかります。


旅行記

写真と体験談を寄せてくださったO様 レンソイス旅行記
(レンソイスへ行かれたO様より、ウニベルツールへのお礼と報告のメールより。
このページの写真はO様よりご提供いただきました。

砂丘を上ると湖を発見バヘリーニャスに到着した翌日、レンソイスのツアーに参加しました。
ツアーは翌日朝9時にホテルまで迎えに来てくださり、それぞれのホテルまでピックアップしていく形でした。
レンソイス入り口では「ここから先はトイレも水もありません!」みたいな説明があり、そこからジープでガタガタ道を1時間ぐらい行って到着いたしました。
本当に遠い道のりでした。
でもレンソイスの景色は、それはそれは素晴らしいものでした。
 
レンソイスツアーに参加した人たち 水着は忘れずに!
ここでは水着とビーチサンダルは必需品ですね。
レンソイスでは、せいぜい足だけ入れるぐらいだろう・・・なんて思って水着を持っていきませんでしたが、これは大失敗。
足どころか、バリバリに泳げます。
結局私は我慢できず、服のまま飛び込んでしまいました。
私が行った日は少し曇っていて、実際に見た景色に比べて写真はイマイチなのですが、そのお陰で遊ぶのには快適に過ごせました。
これでピーカンの天気だったら木陰などもないので、大変な日焼けになっていたことでしょう。
それでも帰国して皮がむけてしまうくらい日焼けしてしまいました。
レンソイスは強力な日差し
翌日はプレキサス川のボートツアー
プレキサス川のボートツアーで灯台のあるビレッジへ

翌日はボートに乗って3カ所のポイントに行く、
プレキサス川のボートツアーに参加しました。

1つ目はレンソイスとは違う砂丘へ 

2つ目は灯台のあるビレッジ
3つ目は海

これまたレンソイスとはタイプの違った素晴らしいところへの楽しいツアーでした。


コントラストがまぶしい レンソイスはとても遠い場所でしたが、本当に地球の素晴らしさを改めて感じた場所でした。
バヘリーニャスは素朴ですが、私は個人的にとても好きな町です。
今後、もし検討される方がいらっしゃいましたら是非お勧めです。遠くて道も悪いですが、それ以上の価値が十分ある場所だと私には思えました。
これからも地球の美しい場所を求めて旅は続けていきたいと思います。
川崎さんの手配の元で始まったことが、最高の旅に繋がったとしみじみ思っております。
本当にありがとうございました。
もしまたお世話になることがありましたら宜しくお願い致します。
ありがとうございました。


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.