うにべるおもしろ観光情報

泳ぐ豚さんがいるバハマの無人島でほんわりタイム
アマゾン河でドルフィン・ウォッチング!ピンクイルカと触れ合い心癒される旅
世界一楽しいマラソン!?
空から空へ降り注ぐ滝 ギアナ高地 エンジェルの滝へ
野生のコンドルが舞う ペルー・コルカ渓谷 コンドルの谷
空と大地がつながる 雨期のウユニ塩湖
透き通った海と奇岩 フェルナンド・ジ・ノローニャ
世界遺産三昧!マヤ遺跡が眠る国 グアテマラ
信じがたいほどの真っ白な砂 レンソイス大砂丘
古代ブラジルを堪能 恐竜の足跡化石ソウザ
神秘・青の湖の洞窟 驚異の透明度を誇るボニート
アマゾンの大祭典 ボイ・ブンバ
幻の猿と水没アマゾン マミラウア自然保護区
 
あ
 
『マミラウア』自然保護区は、マナウスとコロンビアとの国境のほぼ真ん中に位置するテフェから船で約1時間半。面積が112万4千ヘクタール。ウアカリ・ブランコ(ウアカリ・ホワイト)と呼ばれるアマゾンでも非常に珍しい白い毛の赤ら顔のサルや、全長6メートルにもなるワニ、ブラック・カイマンなどを見ることができる地域です。
アマゾン河本流とジャプラ河のほぼ合流点近くにある、世界最大のバルゼア(水没アマゾン、浸水林)地区で、雨期(12月から7月頃)は、その森林の半分くらいの高さまで水没してしまいます。乾期には、水が引きマミラウア地区は泥沼化します。 雨期のマミラウアは水没ジャングルの為、カヌーでどこまでも森の中に入って行くことができます
「TRAIL(小道)」も何本もあり、この地域にのみ生息するウアカリ猿や吠え猿などの観察ができるコースや、珍しい鳥観察のできるコースなどがあります。
その他にも、ピンク・イルカなども観察することができますし、湖で泳いだりと、蚊もいますが時期的には大変良いシーズンです。  逆に乾期のマミラウアは一帯の水が引き、いくつもの残留湖ができます。宿泊するフローティング・ハウスもその残留湖の一つにありますが、船は残留湖入口から入る事が出来ない為、ハウスまで泥沼を相当歩くことになります。
 この時期のコースは主にジャングル・トレッキングとなりますが、6メートル級のワニや、世界一の大型有鱗魚ピラルクーが最大の見ものとなります。又、残留湖に残された魚を食べにくる鳥も大変な数になります。

マミラウア観光をご希望の方は・・・

『マミラウア』自然保護区の観光は、その管理・運営をしている管理組合に申込みをします。
なお、マミラウアへの玄関口であるテフェへは現在、船でのアクセスとなっています。
パッケージの詳細、料金などはお問い合わせください。

◎マミラウアのロッジ滞在パッケージ

3泊4日(木曜日テフェ発/日曜日テフェ戻り)
4泊5日(日曜日テフェ発/木曜日テフェ戻り)
天候によっては、パッケージの内容が変わることがあります。
フローティング・ハウスには、日本語のビデオが置いてあり、日本語ガイドなしでも一応、理解できます。
各プログラムは大型カヌーでのクルーズや、動物に警戒されない様に少人数に別れて手漕ぎカヌーでの散策(乾期はトレッキング)と、楽しみ方も色々。
マミラウア保護区では一切の漁や木材の伐採は禁止されており、野生ワニ観察も見るだけで捕獲はいたしません。
ハウスでの食事は河魚のスープ等、アマゾン料理が中心となりますが、鶏肉料理やスパゲッティなどもあります。
※自然そのままの地域ですので、それなりの準備が必要となります。万が一の疾病を考え、黄熱病の予防接種やマラリアの予防薬の準備を。 湖では強い日差しから保護する為に、日焼け止めクリーム、UVカット・サングラスを用意することをお勧めいたします。また、トレイルの時には森林にも立ち入りますので、汚れてもいい服装で。乾期には沼地を歩くことにもなりますので、ウェリントン・ブーツ(膝まである長靴)の用意が必要でしょう。

世界中で注目されている自然保護区、『マミラウア』で本格派のアマゾン体験を!!

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.