うにべるおもしろ観光情報

アマゾン河でドルフィン・ウォッチング!ピンクイルカと触れ合い心癒される旅
世界一楽しいマラソン!?
空から空へ降り注ぐ滝 ギアナ高地 エンジェルの滝へ
野生のコンドルが舞う ペルー・コルカ渓谷 コンドルの谷
空と大地がつながる 雨期のウユニ塩湖
透き通った海と奇岩 フェルナンド・ジ・ノローニャ
世界遺産三昧!マヤ遺跡が眠る国 グアテマラ
信じがたいほどの真っ白な砂 レンソイス大砂丘
古代ブラジルを堪能 恐竜の足跡化石ソウザ
神秘・青の湖の洞窟 驚異の透明度を誇るボニート
アマゾンの大祭典 ボイ・ブンバ
幻の猿と水没アマゾン マミラウア自然保護区
お問い合わせ
癒される!泳ぐ豚さんのいるバハマの無人島でほんわりタイム(ページタイトル)

「豚かき」でやってくる豚さんにくぎ付け

今、バハマでちょっとした話題になっているのが、エグズーマ諸島にある無人島のビーチ、通称「ピッグビーチ」。なんと、泳ぐ野生の豚がいるというのです。
 
バハマといえば中米のビーチリゾート。美しい海を観光客が満喫していますが、このピッグビーチで海を満喫しているのは、豚なのです。
 
もともとは飼育されていた豚だったのですが、放し飼いされたものが野生化したといわれています(諸説あり)。地元の人が餌をあげに船でやってくることから、少しでも早くたどり着いて食べたいと船に向かって泳ぎだしたのが習慣化したのだとか。
 
もう、そのかわいさは半端ではありません!
船に向かって「豚かき」で必死に泳ぎやって来る姿、舟の縁に前足をかけるさまは「キュート!」の一言。訪れる人々の心を鷲掴みにしています。
タイミングがよければ、豚さんと一緒に泳ぐこともできるのです。
バハマの泳ぐ豚さん
バハマの海を自由自在に泳ぐ豚さん

豚さんたちがいるのは、「ビッグ・メジャー・ケイ」という島で、ナッソーからスピードの出るボートで3時間ほど。
 
最大で20頭ほどいた時もあったのですが、あまりの可愛さに盗まれてしまうこともあるのか、頭数には幅があるそうです。
 
乗合ボートや飛行機で訪れることもできますが、やはりツアーがおすすめ。
ツアーは、豚さんに会うだけでなく、イグアナが住むアランズキー島で餌付け体験をしてみたり、スタニヨルキーでサメとの遭遇体験をしてみたりと盛りだくさんな内容です。
「バハマのビーチでゆったり」にプラスして、ちょっと珍しい観光が楽しめます。
 


新婚旅行にもピッタリ

バハマは新婚旅行の人気渡航先でもあります。
のんびりしたい派も、アクティブに動きたい派にも満足できる、ちょっとしたアクティビティーとなりそうです。
 
ちなみに、ハバナの美しい海をバックにしたウェディングフォトなども手配可能です。
婚前旅行はもちろん、式を挙げていない方や10年目の記念などにいかがですか?
 
ご興味ある方はお問い合わせください。
必死の豚かきが愛らしい
宿泊は、ナッソーのパラダイス島の半分を占めるリゾートホテル「アトランティス・パラダイスアイランド」がおすすめ。
 
カテゴリーの異なる複数のホテルタワーが立つリゾートで、敷地内にはプールや水族館、海底トンネル(!)、カジノなどがあります。
 
「目の前に海があるのにプール?」と思いますが、ここのプールは楽しさいっぱい!
45分間も流されっぱなしの流れるプールや、サメが泳ぐタンクの中を通っていくウォータースライダーなどテンションの上がる施設がそろっています。もちろん、チューブに乗るタイプのウォータースライダーや、のんびりと遊べるプールもあるので、安心してください。
 
白い砂浜に透明度の高い海、そして泳ぐ豚さん!
新婚旅行としても人気のバハマ。リゾートホテルでウォーターアクティビティを満喫しながら、キュートな豚とも会える特別な旅へどうぞ!
 


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.