ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2012年10月16日(火)

シュハスコで、ポルトガル語でお肉の部位を注文!

ブラジルに行かれたら、一度は味わっていただきたい本場のシュハスコ(日本ではシュラスコと呼ばれることも多いですが、シュハスコの方がポルトガル語に近い音感です)。
シュハスコを提供するレストランをシュハスカリアといいます。

お肉がた〜っぷり食べられるわけですが、もちろん、同じ部位のお肉ばかりではなくさまざまな種類のお肉が出てきます。

中でも、少しずつ登場するのが、希少な部位や高級な部位。
回ってくるお肉をいろいろと選んで食べるのも楽しみですが、胃の容量には限りがあります。
レアなお肉が出てきたときにはお腹いっぱいで食べられない!なんてことも…?
そんな残念なことにならないよう、好みの部位があったら、回ってくるのを待つだけではなく、ぜひ注文してみてください。
もちろん、焼き加減も希望できるので、ご指定を。
日本人はレア(Mal Passaso/マゥ・パッサード)好きな方も多いですが、ブラジル人は大体、ウェルダン(Bem Pasado/ベン・パッサード)を好みます。

ポルトガル語で注文できるよう、参考までに肉の部位を紹介します。
なお、大人気は脂ののったイチボやヒレです。

シュハスコでの肉胃の部位(ポルトガル語)
<牛肉>
Cupim(クッピン)  こぶ ※バサバサした感じの肉ですが、レモンをかけて食べるとおいしい!
Pescoço(ぺスコッソ) ネックチャックロール
Peito (ペイト) 胸
Paleta (パレッタ) 肩
Ponta de Agulha (ポンタ・デ・アグーリャ) 骨付きバラ
Fraldinha (フラウディニャ) ハラミ
File Mignon (フィレ・ミニョン)  ヒレ
Contrafile (コントラフィレ) サーロイン
Picanha (ピカンニャ) イチボランプキャップやわらかく上質の⾁
Patinho (パティーニョ) しんたま
Lagarto (ラガルト) 外もも
Costela (コステラ) バラ⾁
Alcatra (アルカトラ) ランプ脂が⽐較的少ない
Acem (アセン)肩ロース
Maminha (マミーニャ) 肩ロース。肩ロースでは⼀番柔らかい

<その他>
carne suina (カルネ・スイーナ) 豚⾁
costelas de porco (コステラス・デ・ポルコ) 豚バラ
frango (フランゴ) 鶏⾁
coração(コラソン)  ハツ
linguiça (リングイッサ) 生ソーセージ
Frango com bacon(フランゴ・コン・バコン)  鶏⾁のベーコン巻き
Abacaxi (アバカシ) パイナップル
Queijo(ケージョ) 焼きチーズ


シュハスコがどんな雰囲気かを知りたい方は、ウニベルツールスタッフが訪れた
「Porcão Rios(ポルカォン・リオス)」の紹介記事をご参照ください。

ところで、シュハスコというと、シュラスカリアに行って食べるシュハスコもそうですが、
ブラジル人の間で一般的なのは、家庭で皆でワイワイやるシュハスコパーティです。
その場合、上記リストにあるいろいろな部位を肉屋で大量に買って焼きます!


写真はイチボ(Picanha)写真はイチボ(Picanha)

2012/10/16 11:02 | ブラジル情報 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.