ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2014年09月27日(土)

サンパウロ便り 〜小旅行 カンポス ド ジョルダオンへ〜

ブラジルに来て5カ月が経とうとしていますが、やっと小旅行の機会を作ることができました!

訪れたのは、サンパウロからバスで約3時間のところにあるCampos do Jordão(カンポス ド ジョルダオン)。

標高1600m程の「ブラジルのスイス」と呼ばれている街で、日本の軽井沢の姉妹都市でもあり、冬の観光地として人気があるそうです。
 

それにしても、ブラジルはさすが移民の地、本当にいろんな顔を持っています。
長距離バスで足をのばすと「ここはどこ?本当にブラジル?いや、ヨーロッパでしょ?」と疑うほど、サンパウロとは全く異なる景色が広がっていました。
自然もあり、空気が美味しく、軽井沢を思わせる心地よさがあります。

バスの駅から15分ほど歩くとCapivariとよばれる中心地は、まさしくヨーロッパ。
五感で欧州の雰囲気を味わえます!

ここで有名なレストランが、数々の地ビールを味わえるBaden Badenです。

ソーセージやアイスバインなどのドイツ料理も美味しく、
メニューにはそれぞれの料理にあう地ビールのマークが付いていました。

地ビールだけでなく、世界中のビールを味わいたい!という方にピッタリのお店もあります。
それが、Fräulein Bierhaus(http://www.fraulein.com.br/)。
120種類以上のビールがそろっています。

余談ですが、ブラジルではお酒は18歳からたしなむことができ、このお店のウェイターも18歳の好青年でした

また、この街にはチョコレートショップもたくさんあり、ホットチョコレートやジェラート、チョコレートフォンデュも味わうことができます。チョコレート好きの私にはたまりません。。。

ちなみに、何軒か少しずつ試してみましたが、私の勝手なBEST1はこのお店です。
BRUNO ALVES(http://www.brunoalveschocolatier.com.br/

おっと、この街で楽しめるのは、飲食だけではありません!


中心地からは、街を周遊できるTrezinho(かわいらしいバス)や、Estrada de Ferro(鉄道)も出ていて、どちらも所要時間は1時間程度(鉄道はもっと短いor長いバージョンもあります)で子ども連れにもおすすめです。
 

街全体を見渡すなら、morro do elefante(象の丘という意味ですが、象がいるわけではなく、その形から名付けられています)があります。
車でも登ることができますが、ぜひteleférico(リフト)で!
往復11ヘアイスで、片道5分程の爽快体験が味わえます。今回はまったく待たずに乗れましたが、週末は行列ができるのだそう。金曜は13時〜17時、週末は9時から17時なので朝一がいいかもしれません。

中心地からタクシーで15分程のところにある、Tarunduにも行きました。自然の中でいろんなアクティビティができるところで、Tarundu以外にも、いくつかあります。

ここでのオススメは、tirolesa。
命綱を付けて430mのロープを渡ります。時速80kmにもなるそうです。何とこれは4歳からできると書いてありました。

この他にも乗馬やアスレチック、冬はスケートなど、30以上のアクティビティがあり子どもも大人も楽しめます。

そこで私は、Orbit Ballなるものにも挑戦しました。
これは、ビニール製の球体の中に入り、坂の上から転がるアクティビティ。
ほんの30秒ですが、自分がどこにいるかわからなくなります…。食後は避けた方がいいでしょう(笑)

大人が楽しめるスポット、ビール工場もありました。
私が行った日には、10時、13時、16時の3回のツアーがあり、各1時間で15ヘアイス。説明はポルトガル語ですが、焙煎した麦を試食させてくれますし、説明が終わった後、2種のビールを試飲でき、ビールグラスのお土産もついています。

初めての小旅行先となったCampos do Jordão。
サンパウロからは日帰りでも楽しめる規模ですが、今回は2泊堪能してきました。

寒い地域と言われているものの、この時期は、昼間は半袖、朝晩は上着を一枚はおるくらいで過ごしやすい気候でした。
また、冬の週末は多くの観光客でにぎわうようですが、9月の平日に行ったので、どこもすいていましたし、宿泊場所の値段も安くなっていて狙い目でした(ただ、象の丘のリフトなど観光スポットによっては、金曜から週末のみ運営されている所もあります。)。

なお、今回私が宿泊したのはPousadaとよばれるペンションタイプの小さなホテル。
この時期の旅行では必要ありませんでしたが、部屋の暖房設備もバッチリ(ベッドのマットが暖かくできます!)で、映画のDVDを借りられ、朝ご飯も美味しく大満足でした。

冬には音楽のイベントも開催されるこの街。
今度は冬の時期に訪れて、音楽とチーズフォンデュを楽しみたいと思います!



参考
■カンポス・ド・ジョルダン観光サイト(ポルトガル語)
http://www.camposdojordao.com.br/
http://camposdojordao.com.br/turismo/roteiros-turisticos(動画もあるのでわかりやすい)

■Baden Baden(Restaurante)
Rua Djalma Forjaz, 93, loja 10 - Vila Capivari
http://www.obadenbaden.com.br/contato.php

■Tarundu
http://www.tarundu.com.br/

■Baden Baden(Fábulica)
http://www.badenbaden.com.br/microcervejaria/badenbadentour/

■piano piano(Pousada)
http://www.pianopiano.com.br/(音が出ます)
 
※上記情報は、2014年9月に訪れたものです。

執筆:coco

<プロフィール>
静岡県出身。2度の出産後、ヨガのインストラクターとして、主に産前産後の女性を対象に、ココロとカラダのセルフケア のレッスンを自主開催し、行政の講座なども担当。
その他、富士・富士宮の母たちによる市民活動「母力向上委員会」を立ち上げ、副代表として運営。
2013年からは、「一般社団法人ドリームマップ普及教会」の理事となり、夢をカタチにして伝えるツール、ドリームマップの普及に携わる一方、 2014年には 「coco kara labo」を立ち上げ、0歳から20歳までの子どもの成長の記録と、親 の想いをカタチにして残し、伝える「たすき帖」を開発し販売。
2014年春から、ブラジル・サンパウロ在住。

2014/09/27 02:11 | ブラジル情報


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.