ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2015年07月13日(月)

ありきたりではない旅を。セスナをチャーターして、レンソイス大砂丘とエンジェルの滝を12日間で観光!

ウニベルツールでお問い合わせの多い観光地は、レンソイス大砂丘ウユニ塩湖マチュピチュが三大巨頭。
加えて、エンジェルの滝や、アマゾン(ブラジル・マナウス)フェルナンド・ジ・ノローニャ(ブラジル)なども、かなり人気です。


この、レンソイス大砂丘に関する驚きのルートをご紹介します。
それは、エンジェルの滝レンソイス大砂丘アマゾン観光ができるというもの。

ツアーではありえない、手配旅行ならではの珍しいルートです。
かなりワイルドなので、万人にオススメはできないかもしれませんが…。

エンジェルの滝は、979メートルという世界一の落差を誇る滝です。
あまりの落差に、水が途中で霧散してしまい、滝壺がないことでも有名です。
南米北部ベネズエラとブラジル、ガイアナ国境付近に広がる「ギアナ高地」にあり、こちらも訪れるのにはかなりの時間を要します。
しかし、そう。ブラジルと隣接しているんですね。

ルートはまず、ベネズエラの首都カラカスからスタート。エンゼルの滝へ向かいます。
本来であればここからカラカスに戻るのが一般的ですが、セスナ機をチャーターし、ブラジルとの国境にほど近い小さな町サンタ・エレナ・デ・ウアイレンに降り立ちます。
そこからは陸路でマナウスへ。
マナウスでアマゾン観光を楽しみ、今度は空路で大西洋側の街、サンルイスへ移動します。
サンルイスからは、陸路でレンソイスの観光拠点となる街・バヘリーニャスに行き、レンソイス大砂丘が楽しめます。
そして、空路でリオデジャネイロもしくはサンパウロに向かい、ブラジルを出国するというもの。


なんだか南米を大移動しているように感じますが、地図を見てみると、南米の東北部の観光であることがよくわかります。

このルートなら、各町での観光を駆け足で済ませた場合、15日ほどで日本に帰ってくることができます!

ちなみに、冒頭で紹介したウユニ塩湖とマチュピチュは、ペルーのクスコからラパスを経由してウユニへ移動する空路があります。
そのため、最近では南米西部のゴールデンルートとなりつつあります。

弾丸で9日間くらいで行かれる方もたくさんいらっしゃいますが、クスコやラパスで多少観光する時間も考慮すると、最低でも日本発着11〜12日間ほどみていただくことをお勧めします。


手配旅行ならではの、オリジナリティある旅。
いかがでしょうか。
ウニベルツールでは、多種多様な相談を承っております。


2015/07/13 09:24 | ブラジル情報


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.