ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2016年08月26日(金)

リオ五輪 日本のメダルラッシュ! 観戦記録編 ~本日もブラジル日和

リオデジャネイロ オリンピックが無事に閉幕!
感動の瞬間、軌跡の逆転、悔し涙、日本選手団の大活躍に、日本で応援していたみなさんも、寝不足の日々だったことでしょうね。

柔道、レスリングなどが行われた会場柔道、レスリングなどが行われた会場

開幕翌日の8月6日から8日までの三日間、リオに行ってまいりましたので、興奮さめやらない観戦の様子をご報告します。
 
オリンピックに向けて国内線の空港でのセキュリティチェックも国際線なみに厳しくなったり、リオ市内の交通渋滞や入場時の混乱が心配されていましたが、意外にもすんなり空港に到着し、会場に向かうことができました。

BRT(会場間を結ぶ専用バス)には、専用カードと観戦チケットを持った人しか乗れないということで、混み合ってはいたものの安全に乗ることができました。

各会場に向かうためのバスや電車の専用カードを空港で購入各会場に向かうためのバスや電車の専用カードを空港で購入

専用レーンを走るBRT専用レーンを走るBRT

いよいよ真新しい、競技会場の立ち並ぶオリンピック会場へ。BRTの停留場から徒歩10分ほどある中、競技スタートまで時間があるのになぜか焦る気持ちを抑えきれず、小走りで会場へ!
 
入場ゲートでは予想通りセキュリティチェックのため長蛇の列。持ち物をX線に通し、さらに中身をすべて取り出して確認するほどの丁寧さ。時間がかかるはずです。
ただし、後日入場したときは、バッグの中身まではチェックしませんでした。
この落差がブラジルらしいと言えば、らしいですね。

セキュリティチェックは厳しい時もあればそうでない時も。。。セキュリティチェックは厳しい時もあればそうでない時も。。。

まずは柔道。日本からの応援団もたくさん来ていました。
結果は、私たちが観戦した初日と二日目は、男女合わせて4つの銅メダル!
日本の柔道は、どうしても金メダルを期待してしまう風潮がありますが、全力を出し切るその姿にメダルの色はどうであれ、この日までの各選手の努力をたたえずにはいられませんでした。
 
続いてウエイトリフティング会場へ。
ウエイトリフティングを観戦するのはもちろん初めて。各選手が提示した重さから試技をスタートさせます。何キロからトライするかも駆け引きとして重要で、一瞬で決まる真剣勝負に徐々に引き込まれていきました。
 
オリンピック前から腰痛を悪化させていたという三宅選手は、スナッチ1回目、2回目とも失敗し、やはり調子が悪いのだなあ、と思っていた最後の3回目。バーベルを持ち上げ、腕を振るわせながらも見事に立ち上がり奇跡の成功! 応援している私も、思わず涙でした。
結果は見事銅メダル!
やりきった晴れやかな三宅選手の素敵な笑顔が印象的でした。
 
続いては楽しみにしていた水泳へ。

幻想的な競泳会場。外観は布で覆われています幻想的な競泳会場。外観は布で覆われています

男子400M個人メドレー。萩野選手、瀬戸選手に期待がかかります。

得意のバタフライで瀬戸選手がトップでターン。萩野選手も続きます。
そして、後半に強さを発揮した萩野選手が見事金メダル、瀬戸選手は銅メダルを獲得。若い二人の世界の頂点を争う泳ぎに感動した夜でした。

日の丸二つ!日の丸二つ!

瀬戸選手には口惜しさもあったでしょうが、表彰式ではいつも通りのさわやかな笑顔を見せてくれました。今後の二人のライバル対決、さらにはTOKYO2020での活躍が楽しみです!
 
 
2日目は、午後からの柔道のみの観戦ということでオリンピックパークを散策しました。
お土産を買いにオフィシャルストアに行ってみましたが、なぜか長時間の閉鎖中。翌日にリベンジするも、レジの大行列に買い物を断念。。。
こちらでの購入はできませんでした。

オフィシャルストアオフィシャルストア

いろんなグッズが売られていましたが、ウエアが目立ちますいろんなグッズが売られていましたが、ウエアが目立ちます

競技ごとのピクトグラムのTシャツ競技ごとのピクトグラムのTシャツ

最終日は、女子バレー日本VSカメルーン戦へ。
前日までとは異なる会場のため、開幕直前にようやく完成した地下鉄4号線を利用して移動です。ピカピカの地下鉄は快適でした!
 

リオ五輪&パラリンピック後は、リオ市民の足として活躍しますリオ五輪&パラリンピック後は、リオ市民の足として活躍します

女子バレーは、ブラジルがロンドン大会で金メダルをとった競技ということで、地元の観客も大勢見つめる中、カメルーンのスピードに、ばっちり対応した日本チームの見事な勝利!

開会式の行われたマラカナン競技場。バレー会場はすぐ隣開会式の行われたマラカナン競技場。バレー会場はすぐ隣

午後からは、再びバッハ地区のオリンピックパークに戻って、体操男子団体決勝へ。

最初のあん馬でミスが出るなど、前半なかなか順位を上げられない中、平行棒、鉄棒と後半に入ってようやく上位に。
手に汗握る中、最後の床。
白井選手の完璧な演技に鳥肌が立ちました加藤選手、内村選手も実力を発揮し見事に金メダル!!!
 
あんなにすごい試合を見せてくれた選手たちですが、競技が終わればさわやかな普通の若者とたち。
そのギャップがまた素敵でした!

 
というわけで、感動いっぱいの三日間。
日本チームの2つの金メダル、6つの銅メダルの瞬間に立ち会い、間近で応援することができ、本当に貴重な経験となりました。
 
無事に開催できるのか心配されていた今回のオリンピックでしたが、食べ物や飲み物を買うのに長蛇の列ができたり、ボランティアさんに会場内の席の位置をきいても全然わかっていなかったり、といったオペレーションメンでの不便さや、すりや盗難の被害が少なからずあったのは事実ですが、各競技は無事に行われ本当によかったです。
 
また、明るくおおらかで優しい人の多いブラジルらしく、ブラジル人の選手がいないときは、一緒に日本を応援してくれたり、各競技会場での演出も楽しく、とても素敵なオリンピックだったと感じました。
そして、各国から訪れた人々との触れあいも楽しいものでした。
 
最後にはブラジルサッカーが念願の金メダルを獲得し、ドラマチックな結末でした。

ところで今回、生で見て初めて知ったのが、競技前・途中での演出・パフォーマンスがあること。
 

柔道会場。競技前には畳の上でサンバのパフォーマンス柔道会場。競技前には畳の上でサンバのパフォーマンス

サッカーのハーフタイムにはサンバのステップを紹介サッカーのハーフタイムにはサンバのステップを紹介

こういったノリのよさや、おもてなしの心はブラジルならではでした。


閉会式でも期待感を高めてくれた4年後のTOKYO2020。

日本のことですから、運営面はバッチリでしょうから、選手が最高のパフォーマンスができる環境づくりはもちろん、各国からの観戦者も楽しめるような素敵なオリンピックになりますように!
 
たくさんの感動をくれた選手のみなさんに、心から感謝したいと思います。

 
 
<本日もブラジル日和 バックナンバー>
 
 
 
 
 
 
執筆:Mimako
 
<プロフィール>
東京都出身、静岡育ち。大学卒業後、7年間出版社にて教育関連の教材や雑誌の編集に携わる。2004年長女の出産、夫のアメリカ転勤にともない退社ののち、テキサス州ヒューストンにて8年間、子育てに専念しつつ、地元の学校のボランティアや日本語の絵本の読み聞かせなどに関わる。2012年に帰国後、幼稚園児、小学生を対象とした英会話講師として活動後、2014年6月よりサンパウロ在住。サンパウロでは、ブラジルの歴史を学んだり、日本語を学ぶブラジル人に日本語を教えるボランティア活動などを行っている。

2016/08/26 22:27 | ~本日もブラジル日和


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.