ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2017年03月27日(月)

身近なスイーツ、エッグタルト! 色濃く残るポルトガルの食文化~本日もブラジル日和

ブラジルはポルトガルの旧植民地。スペイン語圏の多い南米の中で、言語はポルトガル語です。日本ではブラジルの方が知られているのか、ときどき「ブラジルってブラジル語?」なんて聞かれることもあります。ちなみに、こちらにいる年配の日系人の方が「ブラジル語」という表現を使うことを耳にすることもあり、「ポルトガルとは違う」という意識の表れなのかな、なんて思ったりもします。
 
そんなブラジルですが、やはりポルトガルの影響を受けている部分はたくさんあります。そんな中から、今日はポルトガル発祥の代表的なスイーツとお料理をご紹介します!
 
まずは、日本でも人気急上昇中だというエッグタルト。こちらでは、Pastel de Belem(パステル ジ ベレン)もしくはPastel de Nata(パステル ジ ナタ)という名前で呼ばれています。「Nata」は「クリーム」の意味。
こんがりとした焼き色が食欲をそそりますこんがりとした焼き色が食欲をそそります

カスタードクリームをパイ生地に乗せて、こんがり焼いたこのお菓子。元々は、ポルトガルのベレンという町で生まれ、ブラジルにやってきたもの。
Pastel de Belemという名前が付くのは、ポルトガルのリスボンにあるお店のものだけだそうで、それ以外はPastel de Nataと呼ぶのが正しいようですが、ブラジルではそのあたりのルールが曖昧。どちらの名称も使われているようです。

中のカスタードがぎっしり詰まってボリューム満点中のカスタードがぎっしり詰まってボリューム満点

エッグタルトは近所のパダリヤ(パン屋)でもよく見かける身近なお菓子です。サクサクしたパイ生地とぎっしりつまったカスタードはとっても美味。
 
日本人駐在ファミリーも多く住むジャルジン・パウリスタエリアにも気軽にエッグタルトを買えるお店がたくさんあります。
 
まずはPadaria da Esquina (http://padariadaesquina.com/) 店名は「角のパン屋さん」という意味。以前ご紹介した雑誌Vejaのグルメランキングで、ベーカリーのカテゴリーで上位に選ばれているお店でもあります。

Padaria da Esquina (パダリア ダ エスキPadaria da Esquina (パダリア ダ エスキ

そしてこちらはエッグタルト専門店。Manteigaria Lisboaマンテイガリア リスボア (https://www.facebook.com/manteigarialisboa/)

カウンター形式の店内。作っているところを目の前で見られますカウンター形式の店内。作っているところを目の前で見られます

そして特に有名なのが、サンパウロの中心地にあるこちらのお店。 Casa Mathilde (http://casamathilde.com.br/pt/) いろんな種類のパンも売っています。2階まである広々とした店内にはイートインスペースもあってとても素敵ですが、あまり治安のよくないセントロ地区なのでちゃんと場所を確認してから行くことをオススメします。
店ごとに大きな味わいの違いがそれほどあるわけではないのですが、個人的には、サクサクしていてクリームも濃厚なPadaria da Esquinaのエッグタルトが気に入っています。
 
というわけで、ポルトガル発祥のエッグタルトをご紹介しましたが、もう一つポルトガル発祥のもので有名なのがBacalhau(バカリャウ)料理。バカリャウというのはタラのこと。ちょっと面白い名前なので、すぐに覚えられますね! 塩漬けにしたものや乾燥させてほぐしたものなどがよく売られています。
 
調理法は、単に焼くだけでなく、ビールのおつまみにぴったりのBolinho de Bacalhau (タラの身をボール状のフライにしたもの。レモンをかけて食べます)など、いろいろあるのですが、最近であったオススメはこちら。

Bacalhau com Natas(グラタンのような料理)Bacalhau com Natas(グラタンのような料理)

バカリャウ コン ナタス。ここでもNata(クリーム)という言葉が使われていますが、タラをグラタンのように調理したもの。塩気のあるタラと、クリーミーな味付けが絶妙です。中にマカロニなどは入っていないので、ご飯と一緒に食べるのでかなりのボリューム!癖になる味です。
 
ブラジルというと、シュラスコやフェイジョアーダが有名ですが、ポルトガル料理も気軽に食べることができるので、是非試していただきたいと思います!
 

<本日もブラジル日和 バックナンバー>
●一見の価値あり! 街なかのカーニバル「ブロッコ」&本場リオのカーニバル!

●世界の料理を満喫! アメリカンスクールのインターナショナルフェスティバル

●日本の魅力を発信! ジャパン・ハウス サンパウロ ただいま建設中!

●お休み大好きブラジル人。有給消化率100%!

●不思議なフルーツ「ジャボチカバ」

●誰でも病みつき間違いなし!? さとうきびのお酒、カシャーサ

●「Feliz Natal」ブラジルからメリークリスマス!

●進化する和食! IZAKAYAにTEMAKI!?


●学費は無料!? ブラジルの教育事情

●こんなことも、あんなことも!?縁の下の力持ち、ブラジルのお手伝いさん事情

●グルメ天国サンパウロ。レストラン・ウイークが始まりました

●サンパウロに春が来た! 美しいイペーの花、そしてクッピンとの闘い


 
 
 
 
 
 
執筆:Mimako
 
<プロフィール>
東京都出身、静岡育ち。大学卒業後、7年間出版社にて教育関連の教材や雑誌の編集に携わる。2004年長女の出産、夫のアメリカ転勤にともない退社ののち、テキサス州ヒューストンにて8年間、子育てに専念しつつ、地元の学校のボランティアや日本語の絵本の読み聞かせなどに関わる。2012年に帰国後、幼稚園児、小学生を対象とした英会話講師として活動後、2014年6月よりサンパウロ在住。サンパウロでは、ブラジルの歴史を学んだり、日本語を学ぶブラジル人に日本語を教えるボランティア活動などを行っている。

2017/03/27 12:05 | <連載>本日もブラジル日和


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.