ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2018年05月20日(日)

ブラジルの果物 ~ぶらパウラ

サンパウロは標高が高いので、熱帯に属するブラジルの中でも、高原の気候を感じます。夏は日差しが強く気温も高いけれど、木陰に入れば涼しく、石造りの家の中はひんやりしていて快適です。冬は気温は下がるけれど、日本の高原と違って零下になることはなく、朝晩は肌寒いものの、日中は気持ちの良い日差しがあります。

そんな快適なサンパウロで食べることができる果物は、熱帯の果物から、日本移民のおかげで日本らしい果物もあり、種類が豊富です。

マンゴー、グアバ、パパイヤ、スイカ、パイナップル、アボカド、アテモヤやジャックフルーツ、パッションフルーツのようなトロピカルフルーツ、おもしろいところではクプアスといったアマゾンフルーツもサンパウロのスーパーでは買うことができます。ちなみに日本でも比較的有名なアサイ―は、アイスクリームや冷凍ピューレでどこでも売っています。
 
りんごであれば「Fuji」という品種もありますし、柿はCaquiと呼ばれ、中でも富有柿は「Caqui FUYU」と言われ、日本並みに美味しく立派です。デコポンは「Decopon」という表記で、季節になれば店頭に並びます。もちろん、バナナ、キウイ、いちご、ビワ、葡萄、ざくろ、オレンジもあります。
 
バナナやパパイヤ、アボカドなどは、どこにでも木があり、パウリスタ大通りに近い都心のマンションの一角にマンゴーの木があったり、子供たちが通うサンパウロ日本人学校には、バナナの木があり、収穫して味わう体験学習もありましたし、保健室の横にはアボカドがたわわになっています。郊外に行けば、その道路沿いにも、いたるところに目にすることができます。
 

たわわになるマンゴーの木たわわになるマンゴーの木

こちらもたわわになるパパイヤの木こちらもたわわになるパパイヤの木

今、こちらは秋から冬へ向かう季節。少し前の話になりますが、マンゴーの木の下にいたら、熟したマンゴーがどすんと落ちてきてびっくり。だいたい落ちる前のちょうどいい熟れごろに、人がもいで食べているようです。下には種がいっぱい! マンションなど敷地内の一角にある果樹ですが、普通にみんな食べています。そして、人が食べ残したのを、犬が上手に食べていました。なんとなく犬が健康そうに見えました。
 

その下でマンゴーをかじる健康そうな犬その下でマンゴーをかじる健康そうな犬

どの果物も美味しいのですが、難しいのは、パイナップル。美味しそうに見えて、買って切ってみたら、茶色く傷んでいたり、酸味が強かったり、固くて青かったり・・・。

パイナップルは、葉っぱの部分も痛いし、ごみも沢山出るのでなんとなく失敗したら嫌だな、と思う果物です。ツンツンととがった葉っぱがビニール袋を破くのも、なんとなく苦手。
 
それを知ってか知らずか、こちらには「パイナップルのプロ」が存在しています。パイナップルなら、プロにお任せしましょう!
彼らは、軽トラックの荷台にパイナップルを詰めて、街中で販売しています。大音響で販売を知らせながら、ゆっくり走っている軽トラックもあります。しかし、写真のこちらは日本人が多く住むパライゾ地区に月曜日から土曜日まで、売り切れるまで路上で販売しているおなじみのパイナップル屋さん。いつも夫婦で仲良しです。
 

パイナップルのプロフェッショナル!パイナップルのプロフェッショナル!

まずは、ポンポンと手のひらでパイナップルをたたいて、音で、チェック。そして皮を落としてくれます。その手さばきは無駄がなく華麗です。ペットボトルの水を最小限に使い、すとんと、準備している袋に入れてくれます。これで5レアル、時期によってはスーパーよりわずかに高いですが、とにかく甘くてはずれがなく、自分でごみの処理をする必要もなく、むしろ安いくらいです。
しかも、お兄さんが選んだパイナップル。皮をむいて、お兄さん的にちょっと違うぞ、と感じたときは、他のものを選んでくれます。お兄さんは明らかにパイナップルのプロだなぁと思います。
 
ここでは、ホールで買わなくても、輪切り一個でも買うことができ、ランチの後や小腹のすいた近所で働く人たちが、食べています。その場合は小さいビニールに入れてくれます。
こうして書きながら、やっぱり食べたくなって、買いに行った私です。
 

赤紫のバナナの花。子供たちはなぜか「バナナの心臓」と呼ぶ赤紫のバナナの花。子供たちはなぜか「バナナの心臓」と呼ぶ


 【こんな記事もあります:関連記事】


 
 
【バックナンバー】
◎ぶらパウラ バックナンバーはこちら

執筆:パウラ
 
<プロフィール>
港町出身、サンパウロ在住の二児の母。サンパウロ駐在は2回目ながら、ポルトガル語が一向にうまくならないことに自分の限界を感じつつ、それを認めたくない40代。国が違えばいろいろなことがありますが、ブラジルのいいところを見て、心に残しておきたいと思っています。 

2018/05/20 01:26 | <連載>ぶらパウラ


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.