ウニベルツールスタッフがつづるスタッフブログ タイトル
2018年09月21日(金)

アンコウ鍋の季節の学芸会 ~ぶらパウラ

いったん暖かくなったと思ったら、また気温が下がり、朝晩はこれまた寒く、周囲に体調を崩す人もちらりほらりと。一日に四季があると言われるサンパウロ。気温差に体がついていきません。
 
ということで、すっかり寒くなってきた夜には、鍋物ですね!
実はサンパウロには、この季節になるとアンコウが出回ります。

フェイラ(青空市場)で、一キロ当たり16レアル(約500円位)で売っていました。手ごろなのを選んでもらったところ、2キロのアンコウ。つるしてさばいているのかは知りませんが、鍋用にしてもらえます。

白菜もシイタケも、ガスボンベも手に入るサンパウロですから、美味しいお鍋ができ、2キロのアンコウ鍋を我が家は二日間かけて味わいました。お手頃なうえに、コラーゲン豊富な食材ですから、主婦にはダブルで嬉しいですね。
 
そして9月上旬には、サンパウロの近郊アルジャーという街で、花まつりがありました。今年は、花の展示会では、日本各地を表現していてとても面白かったです。どうしてこの都道府県の表現がこれなんだろう?という疑問がないわけでもありませんでしたが、花は純粋に美しかったし、どれもよくできていました。

アルジャーの花祭りの展示会。様々な品種の蘭が飾られていましたアルジャーの花祭りの展示会。様々な品種の蘭が飾られていました

展示会の中の一つ、金閣寺展示会の中の一つ、金閣寺

富士山!上まで階段で登れます。それなりに列ができていました富士山!上まで階段で登れます。それなりに列ができていました

なぜか、鎌倉の大仏様。大仏といえば奈良だと思っていたので衝撃なぜか、鎌倉の大仏様。大仏といえば奈良だと思っていたので衝撃

さて、そんな季節に、サンパウロ日本人学校には、カンポリンポ祭という名前の学芸会があります。
カンポリンポというのは、学校が位置する地区の名前ですが、直訳は「美しい大地」です。学校の校歌にも歌われています。
 
1-2年生、3-4年生、5-6年生、中学部とそれぞれが発表します。高学年と中学生になると、台本も自分たちで書き上げます。1-2年生はそれはそれは可愛らしく、3-4年生になると長いセリフも覚えて言えるようになり、表情もしぐさも豊かになってきます。
 
今年の5-6年生は、日系の高齢者施設「いこいの園」を創設し、運営した渡辺トミ・マルガリーダさんを取り上げ、音楽劇に仕立てました。
ブラジルの日本移民110周年記念である年に、記念すべきよい内容でしたし、よく学んだのだなと感じました。

中学生は、幸せの形とは?というテーマの劇。受験生である中学三年生のリアルを表現しました。申し分なく、素晴らしい内容でした。

カンポリンポ祭のプログラム。これも子供たちが作りましたカンポリンポ祭のプログラム。これも子供たちが作りました

中学生は、幸せの形とは?というテーマの劇。受験生である中学三年生のリアルを表現しました。申し分なく、素晴らしい内容でした。
 
最後は、全校サンバ!ブラジルの打楽器も使い、サンバを演奏します。最後は先生たちが、サンバの衣装(サンバに出場した方々の寄付で、派手で大きなサンバの衣装が、倉庫にたくさんあります:笑)で参加して、学校の生徒と先生が一体となります。
 
今年も、日本人学校と交流のあるグァタパラ日本語学校の生徒が、遠路はるばる来てくれました。躍動感あるヨサコイを披露してくれましたし、最後は一緒に歌ってくれました。
 
 
インターナショナルスクールは、8月から始まります。駐在がまだ先が長い家族によっては、子供が、高校のない日本人学校からインターに転校することもあります。つい最近まで一緒だった、転校していった友達も、いい形でカンポリンポ祭に参加できていました。
最後の片付け。転校していった子供たちも、友達との時間をかみしめるかのように手伝っていました。近くで見ていた私は、それにもまた感動してしまいました。
 
全校生徒が200人もいない今の日本人学校。兄弟姉妹関係もあって、自分の子供の学年ではなくても、知っている子供たちも増えました。みんなの頑張った姿を間近で見て、成長を感じ、親冥利につきます。
 
部活がない、校舎が古い、居住区から遠い、いろいろあるけれど、今ある環境でこれだけ輝ける子供たちを、親の一人として誇りに思うし、指導してくれた先生方、スタッフの皆様への感謝を忘れずに、また普段の生活を大事にしていこうと思いました。

 


 【こんな記事もあります:関連記事】

 
【バックナンバー】
◎ぶらパウラ バックナンバーはこちら

執筆:パウラ
 
<プロフィール>
港町出身、サンパウロ在住の二児の母。サンパウロ駐在は2回目ながら、ポルトガル語が一向にうまくならないことに自分の限界を感じつつ、それを認めたくない40代。国が違えばいろいろなことがありますが、ブラジルのいいところを見て、心に残しておきたいと思っています。 

2018/09/21 23:39 | <連載>ぶらパウラ


南米旅行専門店 ウニベルツール
株式会社ウニベルツール
東京都知事 登録旅行業 第3-6300号
日本旅行業協会(JATA)正会員
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)正会員

東京本社
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-14銀座昭和通りビル4階
TEL:03-3544-6110 FAX:03-3544-8855
E-MAIL : info@univer.net
大阪支社
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2-5-3堂島TSSビル2階
TEL:06-6347-0125 FAX:06-6348-1140
E-MAIL : osa@univer.net
ブラジル・中南米
サンパウロ支店
リオデジャネイロ支店
各国ネットワーク

Copright © UNIVERTUR TRAVEL SERVICE All rights reserved.